2015年2月20日金曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2015年2月19日)

 2月19日のロンドン市場はユーロがギリシャ関連上昇で上下に動く展開となった。一部メディアは取引前半、ギリシャ政府が金融支援ファシリティー基本合意文書の6カ月延長を要請したと報道。これを受けてユーロドルは1.14ドルちょうど近辺から1.14ドル台半ば近辺に上昇した。ユーログループのデイセルブルム議長は20日に財務相会合で協議すると発表。欧州委員会は、ギリシャの書簡が合理的な妥協に道を開く可能性があるとして歓迎する姿勢を示した。しかし、その後、ドイツ財務省はギリシャの支援延長要請を拒否すると表明。ユーロは一転して売り先行となり、ユーロドルは1.14ドル割れとなった。

 ECBは政策委員会の議事要旨を初めて公開。今回公開された1月22日分では1.1兆ユーロ規模の資産購入計画が決定された。議事要旨によると、理事会はユーロ圏の物価低迷が長期化するとの認識でおおむね一致。ソブリン債購入が唯一の充分な措置との意見でも一致した。ただ、実施時期に関しては反対意見もあり、一部からは現時点で行動を急ぐ必要は無いと主張。しかし、大勢はプラートECB専務理事の意見に集約されており、行動を起こすことがインフレ見通しを改善し、行動を起こさないリスクがより大きい公算と指摘した。また一部の理事は、物価安は原油価格の下落が主因で、一時的な現象の可能性があると指摘。今回の理事会で行動する差し迫った必要性はないと、量的緩和に反対した。

 ドル円は118円台後半から119円ちょうど手前まで上昇。軟調に推移していた欧州株、日経平均先物はともに取引後半に持ち直し。米債利回りも下げ渋り、ドル円はドル買い戻し優勢の動きとなった。

 NY市場はユーロの上値が抑えられる展開となった。ユーロドルは取引前半に1.14ドルちょうど近辺から1.13ドル台後半に下落。取引中盤にかけてはドル売りの流れを受けてユーロドルも1.14ドルちょうど近辺に反発したが上値は抑えられたまま。後半に入りドイツのメルケル首相とギリシャのチプラス首相が電話会談をしたと報じられたが、ドイツ連銀のバイトマン総裁は条件が満たされるかどうかを判断する上で、ギリシャ政府から受け取ったプログラム延長申請の書簡は十分ではないと発言。ユーロは売り優勢の動きとなり、ユーロドルは取引終盤には1.13ドル台後半に下落した。

 ドル円は方向感に欠ける展開となった。米新規失業保険申請件数は28.3万件と市場予想を下回る好結果。ドル円は119円台前半に上昇したが、米債利回りが伸び悩むと119円ちょうど近辺に小幅下落した。その後発表された2月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数は5.2と市場予想に反し前月から低下。これを受けて米債利回りは小幅反落。ドル円も118円台後半に下落した。取引後半には米債利回りが上昇に転じたことからドル円は119円ちょうど近辺に反発。その後は同水準でのもみ合いとなった。

 FOMC議事録で米利上げ開始観測は大きく後退するかと思われたが、米債利回りは上昇。ドルをサポートした。ただ足元では取引材料難のほか、アジア各国は中国・旧正月でお休みムードが強い。来週のFRBイエレン議長の講演内容を見極めたいとの思惑も強まっている様子で、本日東京市場でのドル円は様子見姿勢が強まると予想される。一方、ユーロは引き続きギリシャ関連報道に対し神経質な動きを示す見込み。アジア金融市場は昨日に引き続き、中国・旧正月でタイなど一部を除き多くが休場となる。

0 件のコメント:

コメントを投稿