2015年2月27日金曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2015年2月26日)

 2月26日のロンドン市場ではドル円が取引前半に119円ちょうど近辺から118円台後半に小幅下落。その後は同水準でのもみ合いとなった。欧州株、日経平均先物はともに底堅く推移。しかし米債利回りは上値の重い動き。ドル円の上値を抑えた。

 ユーロドルは1.13ドル台半ばから1.13ドル台後半で方向感に欠ける動き。欧州債利回りの低下がユーロの重石となったが、2月のドイツ失業者数は2.0万人減と市場予想を上回る減少となると、ユーロは強含む場面もみられた。ただ、その後発表された1月のユーロ圏M3は前年比4.1%増と市場予想を上回り、2月の同圏業況判断指数は+0.07と市場予想を下振れ。ユーロ買い戻しの動きを抑えた。


 NY市場に入るとドルが上昇基調で推移した。セントルイス連銀のブラード総裁は一部メディアとのインタビューで、この先のFOMCに選択の余地を与えるため、3月に「忍耐強く」とする文言を声明文から削除すべきと発言。削除することで、今夏の度の会合でも利上げに動くことができるとしたものの、利上げはデータ次第という姿勢で良いとの考えを示した。同総裁の発言を受けてドルは買い優勢の動きに。ドル円は118円台後半で強含む一方、ユーロドルは1.13ドル台半ば近辺から1.13ドル台前半に下落した。

 その後発表された1月の米CPIは前年比-0.1%と市場予想通り2009年10月以来の前年割れ。コアCPIは同+1.6%と市場予想通りだった。一方、同時に発表された1月の米耐久財受注は前月比2.8%増と市場予想を上回る伸び。米新規失業保険申請件数は31.3万件と市場予想を上回った。

 米経済指標発表後、ドルは買いが先行。ドル円は119円台前半に上昇する一方、ユーロドルは1.12ドル台半ば近辺に下落。取引中盤にかけてもドル買い優勢の動きは続き、ドル円は119円台前半でじり高の動き。ユーロドルは1.12ドルちょうど近辺まで下落した。

 取引後半に発表された2月のカンザスシティ連銀製造業活動指数が+1と市場予想を下回ると、ドル買いの動きはやや後退したが、サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁は、一部メディアとのインタビューでコアインフレは比較的安定していると発言。指標が予想通りの展開となれば、利上げ開始はこの夏か秋のいずれかの時点になるだろうとも述べ、米利上げ観測をサポート。ドル円は119円台前半で下値の堅い動き。ユーロドルは1.12ドルちょうど近辺でのもみ合いとなった。

 カナダドルは下落。ドルカナダは1.24台半ば近辺から1.25台前半に上昇した。1月のカナダCPIは前年比+1.0%、コアCPIは同+2.2%とともに市場予想を上回ったが、原油先物価格は下落基調で推移。カナダドルは売り優勢の展開となった。

 ハト派で知られるサンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁ですら今夏の利上げの可能性を示すなど、FOMC内では利上げに対して前向きなムードが強まっている様子。米債利回りが反発した一方、米国株の下げは限定的。本日東京市場でもドル円は底堅い動きが続くと思われる。一方、ユーロはECBによる国債買い入れ開始を控え上値が抑えられる展開が見込まれる。アジア通貨は対ドルで軟調な推移となりそうだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿