2015年7月23日木曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2015年7月22日)

 新興国通貨は対ドルで下落。原油先物価格の下落が重石となった。

 BRLは対ドルで1.8%の下落。7月のブラジルIPCA-15は前年比+9.25%と市場予想とほぼ同じで、2003年12月以来の9%台に加速。6月のブラジル経常収支は25.5億ドルの赤字となったが、同月同国の海外直接投資は54.0億ドルと市場予想を大きく上回った。

 MXNは対ドルで0.7%の下落。USD/MXNは16.1台に上昇した。5月のメキシコ小売売上高は前年比4.1%増と市場予想や前月を小幅下回った。

 COPは対ドルで0.7%の下落。5月のコロンビア貿易収支は8.7億ドルの赤字と赤字額が市場予想を小幅上ぶれ。貿易赤字は9カ月連続となった。

 ZARは対ドルで0.8%の下落。6月の南アフリカCPIは前年比+4.7%、コアCPIは同+5.5%とともに市場予想を下振れ。南な中銀による利上げ観測を後退させた。

 RUBは対ドルで0.9%の下落。7月20日までの週のロシアCPIは前週比+0.1%と前週と変わらなかった。

ロンドン五輪のボクシング金メダリストでWBCミドル級4位の村田諒太選手が、練習中に右肩を負傷し、全治約1カ月とのこと。同じ村田として、早期の回復を祈りたいと思います。私は体重が少し増えた気がしますが、健康に特に問題はございません。

0 件のコメント:

コメントを投稿