2015年7月24日金曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2015年7月23日)

 7月23日のロンドン市場はドルが取引序盤に下落したが、その後はユーロとともに方向感に欠ける動きを続けた。取引序盤にドル円は124円ちょうど近辺から123円台後半に下落する一方、ユーロドルは1.09ドル台前半から1.10ドルちょうど近辺に上昇。ロンドン市場に入り米債利回りが低下基調での推移。ドル売りの動きを後押しした。

 ただドルが下げ止まると、その後はドル、ユーロともに動意に欠ける展開。ドル円は123円台後半で方向感に欠ける動き。ユーロドルは取引中盤に一時1.09ドル台後半に反落する場面もあったが、後半には再び1.10ドルちょうど近辺で推移。前日にギリシャ議会が第2弾の改革法案を可決。一部メディアがギリシャ政府当局者の話として、ギリシャ第3次金融支援をめぐる債権団との交渉が24日に始まり、来月20日までに交渉を終えたいとの意向を報じたこともユーロのサポート材料となった。

 ポンドは英小売売上高を受けて下落。その後は動意に乏しい展開となった。6月の英小売売上高は前年比4.0%増と市場予想を下振れ。自動車を除く売上高も同4.2%増と市場予想を下回り、総じて弱い結果となった。取引序盤に1.56ドル台前半から1.56ドル台後半に上昇したポンドドルは英小売売上高発表後1.56ドルちょうど近辺に下落。その後は、1.56ドルちょうどを挟んでの小動きが続いた。

 NY市場はドルが取引前半に上昇したものの、中盤以降は上値の重い動きとなった。6月のシカゴ連銀全米活動指数は+0.08とマイナス予想に反し今年初めてのプラスを記録。同時に発表された米新規失業保険申請件数は25.5万件と1973年11月以来の低水準。米雇用環境の改善継続が示された。これを受けてドルは買いが先行し、ドル円は124円台前半に上昇する一方、ユーロドルは1.09ドル台後半に下落した。

 しかし、米債利回りが小幅低下すると、ドル円は再び124円割れとなり、ユーロドルは1.10ドルちょうど近辺に反発。その後発表された6月の米景気先行指数は前月比+0.6%と市場予想を上回る伸びとなると、ドル円は124円ちょうどをやや上回る水準に反発し、ユーロドルは1.09ドル台後半に反落したが、米債利回りは上値が抑えられたまま。取引中盤に入り、米債利回りが低下基調に転ずると、ドルも下落。ドル円は123円台後半と、この日の安値圏に下落する一方、ユーロドルは1.10ドルちょうど近辺に上昇。後半はドル円が123円台後半、ユーロドルは1.10ドルちょうど近辺で、それぞれもみ合った。

 カナダドルはNY市場で下落。ドルカナダは1.29台後半から1.30台前半に上昇した。5月のカナダ小売業売上高は前月比1.0%増と市場予想を上回る伸びとなったが、原油先物価格は48ドル台に下落。カナダドル売りの動きを強めた。

 原油先物価格の下落で米債利回りは低下したものの、ドルは米利上げ観測を背景に比較的底堅い動きを維持。一方で、新興国通貨は下落基調が続いている。欧米株が続落となるなど市場のリスク選好姿勢は後退したまま。本日東京市場でのドル円は上値の重い動きが続くと見込まれる。一方、ユーロ、アジア通貨は対ドルで軟調な推移が予想される。

0 件のコメント:

コメントを投稿