2015年7月28日火曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2015年7月27日)

 新興国通貨は対ドルでマチマチ。原油先物価格はこの日も下落し、1バレル47ドルちょうど近辺に。RUBなど資源国通貨の一部が対ドルで下落したが、一方で東欧通貨は対ドルで上昇した。

 BRLは対ドルで0.2%の下落。ブラジル中銀の週次サーベイではインフレ、USD/BRLの年末までの見通しがそれぞれ上方修正。一方、政策金利見通しは14.25%に下方修正された。7月26日までの週のブラジル貿易収支は18.6億ドルの黒字と、前月から黒字額が縮小したものの輸入の低迷を背景に黒字基調が維持されていることが示された。

 MXNは対ドルで0.2%の下落。6月のメキシコ貿易収支は7.49億ドルの赤字と赤字額が市場予想を上振れ。輸出は前年比2.1%減と6カ月連続の前年割れとなる一方、輸入は同0.2%減に留まり、貿易赤字を拡大させた。

 TRYは対ドルで1.1%の下落。トルコのダウトオール首相は25日、トルコ軍がシリア北部にあるイスラム国の拠点に空爆を実施したと発表。また同軍はトルコからの分離独立を目指すクルド労働者党(PKK)のイラク北部の拠点も空爆。トルコがイスラム国に対する姿勢を変更したことでTRYは売りが先行した。7月のトルコ企業景況感は102.9と前月から上昇。同月同国の設備稼働率は75.9%と市場予想や前月を上回った。

 HUFは対ドルで1.4%の上昇。7月のハンガリー企業景況感は5.0と前月並み。消費者信頼感は-26.0と前月から小幅改善したものの両者とも大きな動きは見られなかった。

 ILSは対ドルで1.3%の上昇。イスラエル中銀は市場予想通り政策金利を0.10%で据え置いた。

米航空宇宙局(NASA)の専門家は23日、地球に非常によく似た惑星を発見したと発表したそうです。地球から1400光年離れた場所に位置し、大きさや温度が太陽と似た恒星の周りを385日周期で回っているとのこと。きっと、その惑星でもドルの上値は重いのでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿