2015年7月31日金曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2015年7月30日)

 7月30日のロンドン市場はドルが底堅く推移する展開。ドル円は124円台前半でドル買い優勢の動き。一方、ユーロドルは取引中盤までに1.09ドル台半ば近辺から1.09ドル台後半に上昇。7月のユーロ圏景況感が104.0と市場予想や前月を上回ったことが好感された。しかし取引後半はユーロの上値が重くなる展開。ユーロドルは終盤に1.09ドル台半ば近辺での推移となった。東京市場で上昇した米債利回りは、ロンドン市場で伸び悩み。しかし前日海外市場での米FOMC声明を受けて、9月の米利上げ開始観測は続いたまま。ドル買いの動きをサポートした。

 NY市場はユーロが下落。一方で、円は買い戻しの動きが強まった。ユーロドルは取引前半に1.09ドル台半ば近辺から1.09ドル台前半に下落。7月のドイツCPIは前年比+0.2%と市場予想を下振れ。一部英紙は、IMF理事会の話としてIMFがギリシャ第3次支援に参加できないと報道。理事会で提出されたスタッフ報告では、ギリシャが有する負債は大きく、構造改革は不十分と指摘。IMFが第3次支援に乗り出すの不適格であり、IMFは協議に参加するものの、数ヵ月の間は新たなプログラムに合意しないだろうとも報道された。

 一方、取引前半のドル円は一時124円台半ばに上昇するなど底堅い動きが継続。第2四半期の米GDPは前期比年率2.3%増と市場予想を下回ったが、前期が0.2%減から0.6%増に上方修正。個人消費は同2.9%増、コアPCEデフレータは前期比+1.8%と、いずれも市場予想を上回った。同時に発表された米新規失業保険申請件数は26.7万件と前週を上回ったが、市場予想を下回った。

 取引中盤に入ってもユーロの下落基調は継続。ユーロドルは1.09ドル割れまで下落した。一方、ドル円は124円台前半で小動き。米GDPは好結果だったものの、米債利回りは上値が重いまま。ドル円は方向感に欠ける動きとなった。

 取引後半に入ると、ユーロドルは1.09ドル台前半に反発する一方、ドル円は124円台前半で小幅下落するなど、ドル売り優勢の動きとなった。

 前日のFOMC声明を機に9月の米利上げ開始観測が強まったようだが、米債利回りは上値が重いままとなるなど、利上げ開始に確信が持てない様子。FOMC、米GDPと二つのイベントを通過したこともあって、本日東京市場ではドル、ユーロともに様子見姿勢が強まりそうだ。一方、アジア通貨は対ドルで上値の重い動きが予想される。

0 件のコメント:

コメントを投稿