2015年8月31日月曜日

金融政策が為替に与える影響~中央銀行とは

 中央銀行とは、その国・地域で利用される通貨を発行し、通貨の発行量や金利などを調整することで物価や景気を安定的にしようとする公的な組織です。必要な場合には一般の銀行に対し資金を貸し出すこともしますので、「最後の貸し手」とか「銀行の銀行」などと呼ばれることもあります。

 中央銀行は、いくつかの役割がありますが、その中でも重要とされているが、①物価を安定的にする、②景気を良い状態にする、の二つです。そして中央銀行は、この二つの役割を果たすために金融政策と呼ばれる通貨や金融の調整を行います。

0 件のコメント:

コメントを投稿