2015年8月28日金曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2015年8月27日)

 新興国通貨は原油先物価格の上昇を受けてRUBなど資源国通貨が対ドルで上昇。一方、東欧通貨はユーロの下落を背景に対ドルで下落した。

 PHPは対ドルで変わらず。第2四半期のフィリピンGDPは前年比5.6%増と市場予想を小幅下回ったものの、前期から加速。個人消費が同6.2%増と3期連続で加速したほか、投資が17.4%増と急増した。

 THBは対ドルで0.2%の下落。7月のタイ貿易収支(通関ベース)は7.7億ドルの黒字と市場予想上回る黒字。輸入が前年比12.73%増と市場予想を小幅上回る落ち込みとなった一方で、輸出は同3.56%減と市場予想ほど落ち込まなかったことで黒字が拡大した。

 BRLは対ドルで1.3%の上昇。8月のブラジルFGV建設コストは前月比+0.80%と市場予想や前月を上振れ。7月のブラジル中央政府財政収支は72億レアルの赤字と市場予想を上回る赤字となると、BRLはやや売られた。

 MXNは対ドルで0.9%の上昇。7月のメキシコ貿易収支は22.7億ドルの赤字と市場予想を大きく上回る赤字。輸出が前年比2.6%減と再び前年割れとなったことが響いた。

 ZARは対ドルで0.4%の下落。7月の南アフリカPPIは前年比+3.3%と市場予想に反し、前月から鈍化した。

 RUBは対ドルで4.1%の上昇。8月21日時点のロシア金・外貨準備高は3646億ドルと3週連続で増加した。

スペイン東部のブニョールで毎年恒例のトマト投げ祭り「ラ・トマティーナ」が行われ、国内外から集まった観光客ら数万人が熟れすぎたトマト170トンを投げ合ったそうです。後片付けが大変そうですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿