2015年9月1日火曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2015年8月31日)

 新興国通貨は原油先物価格の上昇を受けてRUBなど資源国通貨が対ドルで上昇。一方、BRlなど一部中南米通貨は対ドルで軟調な動きとなった。

 INRは対ドルで0.5%の下落。第2四半期GDPは前年比7.0%増と市場予想を下回る伸び。個人消費が同7.4%増と前期から小幅鈍化したことが響いた。

 BRLは対ドルで1.2%の下落。ブラジル中銀の週次サーベイでは今年末のGDP成長率見通しが7週連続で下方修正。来年末のGDP成長率見通しは0.40%減と前週からマイナス幅が広がった。現地の一部メディアブラジル中銀のトンビニ総裁が今年末に退任する意向と報じた。

 CLPは対ドルで小幅上昇。7月のチリ失業率は6.6%と市場予想通り前月から小幅上昇。同月同国の鉱工業生産は前年比-1.7%と市場予想に反し前年割れ。小売売上高は同2.9%増と市場予想を下回った。

 COPは対ドルで0.8%の上昇。7月のコロンビア失業率は8.8%と前月から上昇した。

 ZARは対ドルで0.2%の上昇。7月の南アフリカM3は前年比10.25%と市場予想を大きく上回り、2009年3月以来の高い伸び。同月同国の民間部門信用も同8.38%と市場予想や前月を上回る伸びとなった。7月の南ア貿易収支は4億ランドの赤字と赤字額が市場予想を下回った。

 TRYは対ドルで0.4%の上昇。7月のトルコ貿易収支は70.3億ドルの赤字とほぼ市場予想通りの赤字だった。

 HUFは対ドルで0.6%の上昇。7月のハンガリーPPIは前年比+0.3%と前月から大きく鈍化。ハンガリーのディスインフレ傾向は続いている。

 CZKは対ドルで0.4%の上昇。7月のチェコM2は前年比6.5%増と4か月連続で加速し、2012年8月以来の高い伸びとなった。

 PLNは対ドルで小幅下落。8月のポーランド・インフレ予想は前年比+0.2%と市場予想や前月と同じだった。

米国イリノイ州が宝くじの高額賞金支払いを一時凍結したそうです。予算案が成立していないためとのこと。夢のない話ですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿