2015年9月15日火曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2015年9月14日)

 新興国通貨はBRL、RUBなど資源国通貨が対ドルで反発する一方、東欧通貨は上値の重い動きとなった。

 INRは対ドルで0.3%の上昇。8月のインドCPIは前年比+3.66%と市場予想を小幅上回ったが下方修正された前月分とほぼ同じ伸び。インドのインフレ圧力が弱いままであることが示された。

 BRLは対ドルで1.3%の上昇。ブラジル中銀の週次サーベイでは、USD/BRL見通しとインフレ見通しが今年末、来年末ともに上方修正。来年末のUSD/BRL見通しは3.80となった。9月13日までの週のブラジル貿易収支は8.88億ドルの黒字と2週連続で黒字を維持した。

 PLNは対ドルで0.3%の下落。8月のポーランドM3は前年比+7.3%と市場予想を上回る鈍化。7月の同国経常収支は16.6億ユーロの赤字と赤字額が市場予想を上振れ。黒字予想だった貿易収支が輸出の低迷で赤字に転落したことが響いた。

 RUBは対ドルで0.9%の上昇。EUはロシアに対する経済制裁を来年3月まで6カ月延長することを決定した。

英陸上競技選手だったロジャー・バニスター氏(86)が、1954年に世界で初めて1マイル4分を切るタイムで走るという記録を打ち立てた際に履いていたランニングシューズがクリスティーズで競売にかけられ26.7万ポンド(約5千万円)で落札されたそうです。私のランニングシューズが必要な方はお気軽にお問い合わせください。

0 件のコメント:

コメントを投稿