2016年4月21日木曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年4月20日)

 新興国通貨は対ドルで小動き。米債利回りは上昇したものの、原油先物価格の上昇がカバーした。

 MYRは対ドルで0.6%の上昇。3月のマレーシアCPIは前年比+2.6%と市場予想を上回る鈍化となった。

 TWDは対ドルで小幅上昇。3月の台湾輸出受注は前年比4.7%減と市場予想ほど減少しなかった。

 BRLも対ドルで小幅上昇。2月のブラジル失業率は10.2%と市場予想を上回り、2012年の統計開始以来最悪を更新。4月のブラジルIPCA15は前年比+9.34%と市場予想通り前月から鈍化。3月の同国経常収支は8.6億ドルの赤字と赤字額が市場予想を下回り、2009年8月以来の低水準に縮小。一方、同月同国の海外直接投資は55.6億ドルと市場予想を下回ったものの、経常赤字を大幅に上回る規模を維持した。

 ZARは対ドルで0.5%の上昇。USD/ZARは昨年11月26日以来となるZAR高水準に達した。3月の南アフリカCPIは前年比+6.3%と市場予想を下振れ。コアCPIは同+5.4%と市場予想を大幅に下回り、3カ月ぶりの低い伸びに鈍化した。

 TRYは対ドルで0.6%の上昇。トルコ中銀はレポレートを7.50%、翌日物借入金利を7.25%で、それぞれ据え置く一方、翌日物貸出金利を50bp引き下げ10.00%にすると発表。同中銀は声明で足元のインフレは大きく鈍化していると指摘。ただ鈍化は短期間にしか見られず、コアインフレの改善は限定的とも指摘。流動性を引き締める必要性は続いており、経済指標は経済活動が堅調に推移していることを示しているとの見解も示した。

 ILSは対ドルで0.2%の下落。3月のイスラエル先行S指数は前月比+0.16%と2014年7月以来の低い伸びに鈍化した。

一部メディアは、新しい米20ドル札の肖像画に、南北戦争前後に奴隷解放運動、女性解放運動家として活躍したハリエット・タブマン氏になると報じています。小学生の頃、教科書に書いてあった聖徳太子の顔にいたずら書きして、先生に怒られたことを思い出しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿