2016年4月22日金曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2016年4月21日)

 4月21日のロンドン市場は、円、ユーロともに動意に欠ける展開となった。取引序盤はドル円が109円台半ばから109円台後半に上昇。ユーロドルは1.13ドルちょうど近辺から1.13ドルちょうど手前水準に小幅下落した。米債利回りが小幅上昇。ドル買いの動きが強まった。
 その後も米債利回りはじり高の動きを続けたが、ドイツ株は上値が重く、取引中盤以降はマイナス圏で方向感に乏しく推移。ドル円は109円台後半での推移が続いた。

 ユーロドルは取引中盤にかけて1.13ドルちょうど手前水準でもみ合い。取引後半に入ると上昇基調となり、終盤は1.13ドル台前半に達した。この日はユーロ圏主要国で主だった経済指標の発表がなく材料難。この日のECB理事会での追加緩和は見送られるとの見方が根強く、ユーロ買いの動きが強まった。

 ポンドは取引前半に下落したが、中盤以降は買い優勢となった。ポンドドルは取引前半に1.43ドル台半ばから1.43ドルちょうど近辺に下落。3月の英小売売上高は前年比2.7%増と市場予想に反し前月から鈍化。自動車を除くコア売上高も同1.8%増と市場予想を下回る弱い結果となった。しかしポンドドルは1.43ドルちょうど近辺で下げ渋り。取引中盤からは上昇基調に転じ、終盤は1.43ドル台後半で推移した。

 NY市場はECB理事会を受けてユーロ買いの動きが強まったが、ドラギ総裁会見途中で一転して売り戻される展開。一方、円は買い戻し優勢となった。

 ECBは市場予想通り主要政策金利など金融政策を現状維持。ユーロは買いの動きが続き、ユーロドルはドラギ総裁会見前に1.13ドル台半ば近辺に上昇した。

 その後、ECBドラギ総裁は会見を開催。同総裁は冒頭で政策金利は当面、現行またはより低い水準で推移すると発言。資産買入(QE)は少なくとも2017年3月まで実施すると続けた。また同総裁はユーロ圏景気の見通しに対するリスクは下方修正に傾くと発言。一方、インフレは今年後半には立ち上がり、2017年、2018年も改善が続くとの見方を示した。ドラギ総裁が会見を続ける中、ユーロドルは1.14ドルちょうど近辺と4月13日以来の高値に上昇。しかし、ドラギ総裁が資産買入プログラムにおいて買い入れ資産が不足するリスクは見られないと発言すると、ユーロは一転して売り戻しに。ユーロドルは下落基調が強まり、総裁会見終了時に1.13ドル台半ば近辺に下落。その後も下落基調が続き、取引中盤には一時1.12ドル台後半と、この日の安値圏にまで下落した。4月のユーロ圏消費者信頼感が-9.3と市場予想通り前月から小幅改善すると、ユーロドルは1.13ドルちょうど近辺に反発。取引後半のユーロドルは1.13ドルちょうど近辺で動意に乏しい動きを続けた。

 ドル円は取引前半に109円台後半で方向感に欠ける動き。3月のシカゴ連銀全米活動指数は-0.44、4月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数は-1.6と、いずれも市場予想を大きく下振れ。ただ同時に発表された米新規失業保険申請件数は24.7万件と市場予想を大きく下回り、1973年11月下旬以来の低水準を記録した。

 取引中盤に近づき原油先物価格が下落すると、ドル円は109円台前半に下落。中盤に入り、米国株が持ち直す動きを示すと、ドル円は109円台半ば近辺に反発する場面もあったが、上値は抑えられ、後半に入る前には再び109円台前半に下落。取引後半は米国株がマイナス圏で推移するなか、米債利回りは下げ渋りの動きを続けたこともあって、ドル円は109円台半ば近辺での小動きを続けた。

 原油先物価格は小幅下げたが高値圏を維持。米国株は下落となったが、米債利回りは下値が堅いなど、市場のリスク回避姿勢は後退したままに感ずる。本日東京市場でのドル円は109円台半ばを挟んで方向感に欠ける動きとなりそうだ。一方、ユーロは1.13ドルちょうど近辺で動意に欠ける展開か。アジア通貨も対ドルで方向感に欠ける動きが予想される。

0 件のコメント:

コメントを投稿