2016年4月29日金曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年4月28日)

 新興国通貨は対ドルで買い優勢。原油先物価格が底堅く推移したことから中南米通貨の上げが目立った。

 KRWは対ドルで0.9%の上昇。3月の韓国ディスカウントストア売上高は前年比4.6%減と2カ月連続の前年割れ。同月同国の百貨店売上高も同0.3%増と伸び悩んだ。

 SGDは対ドルで0.3%の上昇。第1四半期のシンガポール失業率は1.9%と市場予想に反し前期から変わらなかった。

 BRLは対ドルで対ドルで1.0%の上昇。ブラジル中銀は市場予想通り政策金利を14.25%で据え置き。決定は全会一致。同中銀は声明でインフレやインフレ期待は高いままで、柔軟な金融政策を取る余地はないとの考えを示した。4月のブラジルIGP-Mは前年比+10.63%とほぼ市場予想通り。3月のブラジルローン残高は前月比0.7%減と3カ月連続の減少。同月同国の中央政府財政収支は79億レアルの赤字と赤字額が市場予想を下回った。

 HUFは対ドルで0.3%の上昇。3月のハンガリー失業率は6.0%と市場予想に反し前月から小幅低下した。

 TRYは対ドルで小幅上昇。3月のトルコ外国人観光客は12.8%減と2006年10月以来の大幅な減少を記録した。

 ZARは対ドルで0.7%の上昇。3月の南アフリカPPIは前年比+7.1%と市場予想を下回り、3カ月ぶりの低水準に鈍化した。

 RUBは対ドルで0.7%の上昇。4月22日のロシア金・外貨準備高は3886億ドルと前週から小幅増加した。

よい休日をお過ごしください。

0 件のコメント:

コメントを投稿