2016年4月7日木曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年4月6日)

 新興国通貨は対ドルでマチマチとなった。

 MYRは対ドルで0.2%の上昇。2月のマレーシア貿易収支は73.5億リンギットの黒字と黒字額が市場予想を上振れ。輸出が前年比6.7%増と市場予想を上回る伸びとなり、貿易収支を改善させた。

 BRLは対ドルで1.0%の上昇。3月のブラジル自動車生産は前年比23.7%減と大幅減が継続。3月の同国商品価格指数は前年比+9.63%と前月から大きく鈍化した。

 COPは対ドルで小幅上昇。3月のコロンビアCPIは前年比+7.98%と市場予想を上回り、2001年10月以来の高い伸び。コアCPIも同+6.20%と2004年2月以来の高い伸びを記録した。

 CZKは対ドルで0.2%の上昇。2月のチェコ貿易収支は220億コルナの黒字と2005年の統計開始以来最大の黒字を記録した。

 HUFは対ドルで0.5%の上昇。2月のハンガリー鉱工業生産は前年比+1.8%と市場予想に反し前月から鈍化した。

 RUBは対ドルで1.5%の上昇。4月4日のロシアCPIは前週比+0.1%と前週から変わらなかった。

 PLNは対ドルで0.2%の上昇。ポーランド中銀は市場予想通り政策金利を1.50%で据え置き。同中銀は声明で足元のデフレは景気や成長を安定化させていると指摘。現在の金利水準はポーランド景気を均衡させているとし、デフレが今後数四半期は続くとの見方を示した。同中銀のベルカ総裁は近々の利下げはないと明言した。

「インターナリー・フローレス(内部無傷)」の等級を持つビビッドブルーのオーバルカットダイヤモンド(10.10カラット)が5日、香港で競売にかけられ、3180」万ドル(約35億円)で落札されたそうです。私の心にはあまり響かないニュースでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿