2016年4月8日金曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年4月7日)

 新興国通貨はアジア通貨が対ドルで底堅く推移したものの、他は下落。米債利回りは低下したものの、欧米株や原油先物価格は下落。新興国通貨を下押しした。

 TWDは対ドルで小幅上昇。3月の台湾CPIは前年比+2.00%と市場予想を上回る伸び。一方、同月同国のWPIは同-4.94%と市場予想を上回る落ち込みとなった。

 IDRはBloombergによると対ドルで0.5%の上昇。3月のインドネシア外貨準備高は1075.0億ドルと2カ月連続で増加し、昨年7月以来の高水準に達した。

 BRLは対ドルで1.5%の下落。3月のブラジルIGP-DIは前年比+11.07%とほぼ市場予想通りで、前月から鈍化した。

 CLPは対ドルで1.3%の下落。3月のチリ貿易収支は6.1億ドルの黒字と黒字額が市場予想を小幅上振れ。2月のチリ名目賃金は前年比5.4%増と前月から鈍化した。

 MXNは対ドルで1.4%の下落。3月のメキシコCPIは前年比+2.60%とほぼ市場予想通りで、前月から鈍化。ただコアCPIは同+2.76%と4カ月連続で加速した。

 CZKは対ドルで0.2%の下落。2月のチェコ鉱工業生産は前年比+5.6%とほぼ市場予想通り。同月同国の小売売上高は同10.5%増と市場予想を上回り、昨年6月以来の二桁増を記録した。

 ZARは対ドルで1.2%の下落。3月の南アフリカSACCI企業景況感は81.2と3カ月連続で上昇。2月の南アフリカ製造業生産は前年比+1.9%と市場予想に反し前年越えとなった。

 RUBは対ドルで0.7%の下落。3月のロシア外貨準備高は3870億ドルと市場予想を上回り、2014年11月以来の高水準に増加した。

ご安心下さい。パナマ文書に私の名前は記載されていません。

0 件のコメント:

コメントを投稿