2016年4月9日土曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年4月8日)

 新興国通貨は対ドルで買い優勢の動き。原油先物価格の上昇が新興国通貨の買い戻しを促した。

 INRは休場。3月のインド自動車販売は前年比10.8%増と2カ月連続の二桁増だった。

 BRLは対ドルで2.8%の上昇。3月のブラジルIPCAは前年比+9.39%とほぼ市場予想通りで前月から鈍化した。

 CLPは対ドルでほぼ変わらず。3月のチリCPIは前年比+4.5%と市場予想や前月を下回った。

 MXNは対ドルで0.6%の上昇。3月のメキシコ名目賃金は前年比4.5%増と前月から加速。同月同国の消費者信頼感は89.2と市場予想を下回ったが前月からは上昇した。

 CZKは対ドルで0.2%の上昇。3月のチェコ失業率は6.1%と市場予想通り前月から低下した。

 HUFは対ドルで小幅上昇。3月のハンガリーCPIは前年比-0.2%と市場予想を下回り、6カ月ぶりの前年割れ。2月の同国貿易収支は9.8億ユーロの黒字と市場予想を小幅上回り、過去最高の黒字額を記録した昨年3月に次ぐ大幅黒字となった。

 TRYは対ドルで0.4%の上昇。2月のトルコ鉱工業生産は前年比+5.8%と市場予想を上回り、前月から加速した。

 RUBは対ドルで1.4%の上昇。3月のロシア軽自動車売上高は前年比10.0%減と減少率が市場予想や前月を下回った。第1四半期のロシア消費者信頼感は-30と3期連続の悪化となった。

東京地方では桜の花びら落ちてきましたね。よい週末をお過ごしください。

0 件のコメント:

コメントを投稿