2016年5月11日水曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年5月10日)

 新興国通貨は対ドルでマチマチ。原油先物価格の上昇を背景にBRL、MXNなどが対ドルで上昇する一方、アジア通貨は軟調な動きとなった。

 IDRはBloombergによると対ドルで小幅下落。4月のインドネシア外貨準備高は1077.1億ドルと、前月から小幅増加し、10カ月ぶりの高水準に回復した。

 BRLは対ドルで1.5%の上昇。5月のブラジルIGP-M(一次速報)は前月比+0.59%と市場予想や前月を上回った。

 MXNは対ドルで1.3%の上昇。4月のメキシコANTAD既存店売上高は前年比10.1%増と市場予想を大きく上回り、2011年11月以来の二桁増。同月同国の名目賃金は同4.9%増と3カ月連続で加速し、2012年12月以来の高い伸びに加速した。

 PENは対ドルで変わらず。3月のペルー貿易収支は6900万ドルの赤字と赤字額が市場予想を大幅に下回った。

 HUFは対ドルで0.3%の上昇。4月のハンガリーCPIは前年比+0.2%と市場予想に反し前年越え。前月比では+0.8%と2013年1月以来の高い伸びを記録した。

 CZKは対ドルで小幅下落。4月のチェコCPIは前年比+0.6%と市場予想を上回り、3カ月ぶりの高い伸びとなった。

 TRYは対ドルで0.3%の下落。3月のトルコ経常収支は36.8億ドルの赤字と赤字額が市場予想を下回った。

 ILSは対ドルで0.3%の上昇。4月のイスラエル貿易収支は12.4億ドルの赤字と赤字額が2014年8月以来の大きさに拡大した。

東京地方での雨は9時前には止むようです。ようやく晴れ間を目にすることができそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿