2016年5月14日土曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2016年5月13日)



 5月13日のロンドン市場は円がじり安の動きを示した。ドル円は108円台半ば近辺から109円ちょうど手前に緩やかに上昇。取引序盤はドイツ株をはじめ欧州株が下げて始まり、ドル円を下押し視したが、その後、ドイツ株は下げ幅を縮める動き。取引前半に小幅下げた米債利回りも後半には持ち直し、ドル円は円売り優勢の展開となった。

 ユーロドルは1.13ドル台半ば近辺で小動き。第1四半期のユーロ圏GDP(改定値)は前期比0.5%増と速報値の同0.6%増から下方修正。ただドイツGDPは同0.7%増と2年ぶりの高成長だったこともあって、市場の反応は限定的だった。

 NY市場は米経済指標を受けてドルが上昇したが、中盤以降は伸び悩み。後半は米国株が下げ幅を広げたことで円買いの動きが強まった。

 取引序盤に発表された4月の米小売売上高は前月比1.3%増と市場予想を大きく上回り、昨年3月以来の大幅増。自動車を除くコア売上高も同0.8%増と市場予想を上回り、前月分も上方修正されるなど強い結果となった。また同時に発表された同月同国のPPIは同+0.2%と市場予想を下回ったが3カ月ぶりのプラスとなった。両者の結果を受けてドル円は109円台半ば近辺まで急上昇する一方、ユーロドルは1.13ドル台前半に下落。ただドル買いの動きは続かず、ドル買い一巡後にドル円は109苑ちょうど近辺に反落後、109円台前半で推移。ユーロドルは1.13ドル台前半に小幅反発した。

 取引中盤に近づき発表された5月のミシガン大消費者信頼感(速報値)は95.8と市場予想を大きく上回り、昨年6月以来の高水準。ドルは再び買いの動きが強まり、ドル円は109円台半ば近辺に上昇。ユーロドルは1.13ドル割れとなった。

 しかしミシガン大消費者信頼感の発表後、米債利回りは低下基調へ。ドル買いの動きは一時的なものとなり、ドル円は109円台前半に反落。ユーロドルは1.13ドルちょうど近辺に持ち直した。取引後半に入り、米国株が下げ幅を広げる展開となると、ドル円は円買いの動きが強まり、108円台後半で、この日の安値圏に下落。ユーロドルは1.13ドルちょうど近辺で強含んだ。

 日本の一部新聞は、安倍首相が2017年4月に予定する消費税率10%への引き上げを再び延期する方針を固めたと報道。今月26~27日に開かれる伊勢志摩サミットの議論などを踏まえて表明する見通しと報じた。また同時に同首相は衆参同日選も見送る意向であるとも報じた。

 米小売売上高が強い結果となったこともあり、アトランタ連銀の経済モデル「GDPナウ」の第2四半期成長率見通しは2.8%に上方修正。PPIも食品・エネルギー・貿易財を除くベースでは前月比+0.3%と市場予想を上回る形で加速。6月FOMCでの利上げ期待が高まったように思われる。

 来週(5月16日から始まる週)、米国では4月のCPIが発表される。コアCPIは前年比+2.1%と2%越えが続くが、2カ月連続で鈍化する見込み。市場予想を上回る鈍化となれば、6月FOMCの利上げ観測が再び後退するだろう。また今週29万件超えとなった米新規失業保険申請件数の結果も注目したい。

 日本では第1四半期GDPが発表される。市場予想では前期比年率0.3%増程度の小幅な伸びを確保する見込み。ただ日本のGDP一次速報は在庫を主因に市場予想を裏切ることが多い。仮にマイナス成長が続く形となれば、財政支出の拡大期待が膨らむと予想される。

0 件のコメント:

コメントを投稿