2016年5月25日水曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年5月24日)

 新興国通貨はTRYなどEMEA通貨の一部が対ドルで上昇したものの他は下落した。

 BRLは対ドルで0.3%の下落。5月のブラジルFGV消費者信頼感は67.9と3カ月ぶりの高水準に上昇。4月のブラジル経常収支は4.1億ドルの黒字と赤字予想に反し黒字化し、2007年8月以来の黒字を記録。一方、同月同国の海外直接投資は68.2億ドルと市場予想を上回った。

 CLPは対ドルで小幅下落。4月のチリPPIは前年比-6.9%と2カ月連続で低下率が拡大した。

 MXNは対ドルで0.2%の上昇。5月上旬のメキシコCPIは前年比+2.53%と市場予想を下回った。

 CZKは対ドルで0.7%の下落。5月のチェコ企業景況感は13.2と前月から上昇。一方、同月同国の消費者信頼感は2.0と前月と同じだった。

 ZARは対ドルで0.3%の上昇。3月の南アフリカ先行指標は91.9と前月から小幅上昇した。

 ILSは対ドルで0.3%の上昇。3月のイスラエル製造業生産は前月比+3.0%と4カ月ぶりの高い伸びとなった。

 TRYは対ドルで1.7%の上昇。USD/TRYはロンドン市場序盤に3.00を上抜けたが、中盤にシムシェク副首相の再任が伝わるとTRYは買い戻された。トルコ中銀は市場予想通りレポレートと翌日物借入金利を据え置き。翌日物貸出金利を市場予想通り50bp引き下げ9.50%とした。同中銀は声明でコアインフレの改善は限定的なままで、翌日物貸出金利の引き下げは金融政策の単純化の動きに沿うものとの認識を示した。

 HUFは対ドルで変わらず。ハンガリー中銀は政策金利を15bp引き下げ0.90%にすると発表。翌日物預金金利は-0.05%で据え置かれ、同貸出金利は1.15%に引き下げられた。同中銀は声明で政策金利は透明ん据え置かれるとの見方を示した。

ロンドンの地下鉄2路線で8月19日から週末の終日運行が始まるそうです。だけど早寝早起きがいいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿