2016年5月27日金曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年5月26日)

 新興国通貨はRUBなど一部を除き対ドルで上昇した。

 KRWは対ドルで0.2%の上昇。5月の韓国消費者信頼感は99と3カ月ぶりの100割れを記録した。

 SGDは対ドルで0.3%の上昇。4月のシンガポール鉱工業生産は前年比+2.9%と市場予想に反しプラス。2014年8月以来の高い伸びを記録した。

 COPは対ドルで変わらず。4月のコロンビア小売業信頼感は26.0、鉱工業信頼感は5.9と、いずれも前月から改善した。

 HUFは対ドルで0.4%の上昇。4月のハンガリー失業率は5.8%と市場予想を下回り、2004年6月以来の低水準に改善した。

 ZARは対ドルで0.7%の上昇。4月の南アフリカPPIは前年比+7.0%と市場予想に反し前月から鈍化した。

 RUBは対ドルで0.5%の下落。5月20日時点のロシア金・外貨準備高は3883億ドルと2週連続で減少した。

KPPが何の略なのかを昨日知りました。

0 件のコメント:

コメントを投稿