2016年5月28日土曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2016年5月27日)


 5月27日のロンドン市場はドル円が上値の重い動きとなった。ドル円は取引序盤に109円台後半で強含んだが、その後は一転してじり安の動き。取引後半には109円台半ば近辺まで下落。終盤は109円台後半にやや持ち直したものの、ロンドン序盤の水準には戻らなかった。今夜発表される米経済指標やFRBイエレン議長の内容を見極めたいとの思惑も強かったが、米債利回りは原油先物価格が軟調だったこともあって小幅低下。ドイツ株は下落して始まり、取引中盤には前日終値水準に反発したものの、その後は伸び悩み。ドル円の上値を重くした。

 ユーロドルは1.11ドル台後半で小動き。終盤に米債利回りが小幅反発すると、1.11ドル台後半で小幅下落した。この日はユーロ圏主要国で注目度の高い経済指標の発表なし。ユーロは材料難の展開だった。

 NY市場はFRBイエレン議長の発言でドルが上昇した。取引序盤に発表された第1四半期の米GDP(改定値)は前期比年率0.8%増と市場予想を小幅下振れ。個人消費が同1.9%増と速報値から変わらず。設備投資は下方修正され全体の伸びを抑えた。これを受けドル円は109円台半ばに下落したがユーロドルは1.11ドル台後半のままとドル売りの反応は限定的。米債利回りが下値の堅い動きとなり、米国株も買い優勢で始まったことから、ドル円は109円台後半に反発し、ユーロドルは1.11ドル台半ばに下落した。

 取引中盤に差し掛かり発表された5月のミシガン大消費者信頼感(改定値)は94.7と市場予想や速報値を下振れ。ただ原油先物価格が上昇に転じたことで米債利回りも上昇。ドル円は上昇基調で推移し、取引中盤に入ると110円ちょうど近辺に上昇。ユーロドルは1.11ドル台前半に下落した。

 取引後半に入ると、上昇基調だった米債利回りが小幅低下。ユーロドルは1.11ドル台半ば近辺に反発したが、ドル円は110円ちょうど手前で下値の堅い動き。その後、FRBイエレン議長はハーバード大でのイベントで、米経済はゆっくりと回復してきており、今後数カ月以内の利上げは適切かもしれないと発言。ただ一方で、フルタイムで働きたいパートタイマーの数は多く、最近の生産性の伸びは悲惨なペースであるとの認識も示すなど、慎重な姿勢も示した。

 イエレン議長の発言を受けて米債利回りは上昇。ドル買いの動きが強まり、ドル円は110円台半ば手前に上昇。一方、ユーロドルは1.11ドル台前半に下落した。取引終盤にドル円は110円台前半に下落する場面もあったが、その後再び110円台半ば手前水準に反発。ユーロドルは1.11ドル台前半で上値が抑えられた。

 ドル円は55日移動平均を上抜けたが、5月20日の上値を突破できず。日銀が金融政策の現状維持を発表した4月28日の高値(111円台後半)までは依然として距離がある。

 来週(5月30日から始まる週)は6月第1週にあたり、5月のISM製造業景況指数、5月のADP雇用統計、4月の貿易収支、そして5月の米雇用統計が発表される。アトランタ連銀の経済モデル「GDPナウ」によれば第2四半期の成長率見通しは2.6%、NY連銀のGDP予想「ナウキャスト」は2.2%と、いずれも米潜在成長率を若干上回る水準。来週発表される指標で成長率見通しがさらに加速し、米雇用統計で雇用増、賃金の加速が確認されれば6月FOMCでの利上げ再開観測も強まるだろう。

 日本では4月の労働力調査と鉱工業生産、現金給与総額が発表される。雇用環境は堅調だが、所得は伸び悩み、生産は熊本地震の影響もあり大きく落ち込むだろう。市場予想では前月比-1.5%(前年比-5.1%)が予想されているが、これまで以上に予想は難しかったはず。落ち込み幅が市場予想を上回る可能性もあり、この場合、6月1日の安倍首相会見での大規模な財政拡大発表を期待する声が強まる展開もあり得る。

 ユーロ圏ではECBが2日に定例理事会の結果を発表する。政策金利など主要3金利は据え置かれるなど金融政策は現状維持となるだろう。またユーログループとIMFがギリシャ支援策で合意したこともあり、ECBは資金供給オペの担保としてギリシャ国債の受け入れを再開すると見られる。

0 件のコメント:

コメントを投稿