2016年6月2日木曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年6月1日)

 新興国通貨は対ドルで小動きだった。

 KRWは対ドルで小幅下落。5月の韓国CPIは前年比+0.8%、コアCPIは同+1.6%とともに前月から鈍化。4月の韓国経常収支は33.7億ドルの黒字と黒字額が前年同月比56.4%減と大きく減少。5月の韓国貿易収支は70.8億ドルの黒字と黒字額が市場予想を大きく下回った。輸出が前年比6.0%減と市場予想を大きく下回り、貿易黒字が縮小した。

 IDRはBloombergによると対ドルで変わらず。5月のインドネシア・ダナレクサ消費者信頼感は97.8と2カ月連続で低下。同月同国CPIは前年比+3.33%とほぼ市場予想通りで前月から鈍化した。

 THBは対ドルで小幅上昇。5月のタイCPIは前年比+0.46%と市場予想を上回ったが、コアCPIは同+0.78%と市場予想や前月とほぼ同じだった。

 INRは対ドルで0.3%の下落。一部メディアはインド中銀のラジャン総裁が9月4日の任期で総裁職を辞する意向だと報道した。

 COPは対ドルで0.7%の下落。4月のコロンビア自動車販売台数は前年比3.6%減と10カ月連続の前年割れとなった。

 PENは対ドルで0.3%の上昇。5月のペルーCPIは前年比+3.54%と市場予想通り前月から鈍化し、昨年6月以来の低水準を記録した。

 BRLは対ドルで0.5%の上昇。第1四半期のブラジルGDPは前年比5.4%減と市場予想ほど落ち込まず。前期比は0.3%減に留まった。5月のブラジル貿易収支は64.4億ドルの黒字と黒字額が市場予想を上回り、1991年の統計開始以来最大の黒字となった。

 CLPは対ドルで小幅下落。チリ中銀は会合議事録(5月18日結果発表分)を公表。メンバーは金利据え置きのみを検討したことが判明した。

 MXNは対ドルで0.2%の下落。5月のメキシコIMEF指数は製造業で51.9、非製造業で51.3とともに市場予想や前月を上振れ。4月の海外労働者送金は前年比8.3%増と市場予想を上回った。

 TRYは対ドルで0.2%の上昇。5月のトルコ・マークイット製造業PMIは49.4と前月から上昇した。

 HUFは対ドルで0.5%の上昇。5月のハンガリー製造業PMIは52.3と前月から小幅上昇した。

 PLNは対ドルで0.5%の上昇。5月のポーランド・マークイット製造業PMIは52.1と市場予想や前月を上振れ。ポーランド中銀のベルカ総裁はスイスフラン建て住宅ローンのPLN建てへの変更を促す仕組みを導入すると同中銀が保有する外貨準備の大部分を使う必要があると発言。また、追加利下げは企業のコストを低下させることはないだろうと指摘した。

 CZKは対ドルで0.5%の上昇。5月のチェコ・マークイット製造業PMIは53.3と市場予想に反し、前月から小幅ながら低下した。

 ZARは対ドルで0.7%の上昇。5月の南アフリカ・バークレイズ製造業PMIは51.9と前月から大きく低下。同月同国のNaamsa自動車販売は前年比10.3%減と市場予想を上回る減少を記録した。

 RUBは対ドルで0.7%の下落。5月のロシア・マークイット製造業PMIは49.6と市場予想を上回り、4カ月ぶりの高水準に上昇した。

中国・福建省の福州市郊外で、男性が洗濯機に頭を突っ込んで抜けなくなり、消防隊が出動する騒ぎがあったそうです。隊員らは器具を使って洗濯機を切断、男性を救助したとのこと。よかったですね。私も気をつけたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿