2016年6月23日木曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年6月22日)

 新興国通貨はRUBなど一部を除き対ドルで上昇した。

 TWDは対ドルで小幅上昇。5月の台湾失業率は3.96%と前月とほぼ同じだった。

 THBは対ドルで0.2%の下落。タイ中銀は市場予想通り全会一致で政策金利を1.50%で据え置き。同中銀は声明で政策金利の余地を確保したいとし、現在の金融政策は緩和的であると指摘。インフレは年後半には目標水準に回復するとの見方を示した。

 COPは対ドルで1.9%の上昇。コロンビア中銀は市場予想通り政策金利を25bp引き上げ7.50%にすると発表。同中銀のウリベ総裁は、決定は全会一致ではなかったことを明らかにし、依然として高いインフレは今後鈍化するとの見方を示した。コロンビア政府と左翼ゲリラのコロンビア革命軍(FARC)は22日、停戦で合意し、共同で声明を発表した。

 TRYは対ドルで0.7%の上昇。6月のトルコ消費者信頼感は69.43と前月から小幅改善した。

 ZARは対ドルで0.6%の上昇。5月の南アフリカCPIは前年比+6.1%と市場予想や前月を下回る伸び。コアCPIも同+5.5%と市場予想に反し前月と同じだった。

 RUBは対ドルで1.6%の下落。6月20日のロシアCPI(週次)は前週比+0.1%と前週と同じだった。

 ILSは対ドルで0.2%の上昇。5月のイスラエル先行S指数は前月比+0.13%。ただ前月分は同+0.05%に下方修正された。

 今朝の東京地方は雨。通勤時間帯に雨は強さを増すとみられています。湿度も高く梅雨らしい気候といえますが、快適な通勤・通学・移動を願っております。

0 件のコメント:

コメントを投稿