2016年6月25日土曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年6月24日)

 新興国通貨は対ドルで全面安。EMEA通貨の下げが目立った。

 PHPは対ドルで1.0%の下落。4月のフィリピン貿易収支は22.8億ドルの赤字と赤字額が市場予想を上振れ。輸入が前年比29.2%増と市場予想を上回り、2010年11月以来の大幅増となったことで貿易赤字が膨らんだ。

 THBは対ドルで0.5%の下落。5月のタイ貿易収支(通関ベース)は15.4億ドルの黒字と黒字額が市場予想を下振れ。輸出が前年比4.40%減と市場予想を上回る落ち込みとなる一方、輸入は同0.50%増と市場予想に反しプラスとなったことが響いた。

 SGDは対ドルで1.1%の下落。5月のシンガポール鉱工業生産は前年比0.9%増と市場予想とほぼ同じ結果だった。

 BRLは対ドルで1.2%の下落。6月22日のブラジルFIPE・CPIは前月比+0.42%とほぼ市場予想通りで前週とほぼ同じ伸び。5月のブラジル経常収支は12.0億ドルの黒字と黒字額が市場予想を下振れ。一方、同月同国の海外直接投資は61.5億ドルと市場予想を上回った。

 MXNは対ドルで3.7%の下落。USD/MXNは一時19.5近辺と過去最高(MXN最安値)を記録した。4月のメキシコ小売売上高は前年比10.6%増と市場予想を上回り、2009年の統計開始以来、最大の伸びとなった。

 CLPは対ドルで1.6%の下落。5月のチリPPIは前年比-9.3%と昨年12月以来の大幅低下となった。

 CZKは対ドルで2.3%の下落。6月のチェコ企業景況感は12.3、同月同国の消費者信頼感は1.5と、いずれも前月から小幅低下した。

 TRYは対ドルで2.5%の下落。6月のトルコ企業景況感は104.3と3カ月ぶりの低水準。同月同国の設備稼働率は76.1%と4カ月連続で上昇し、2013年10月以来の高水準に達した。

よい週末をお過ごしください。

0 件のコメント:

コメントを投稿