2016年6月28日火曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年6月27日)

 新興国通貨は対ドルで続落となった。

 BRLは対ドルで0.7%の下落。6月のブラジルFGV消費者信頼感は71.3と2カ月連続で上昇し、1年ぶりの高水準を回復。同月同国のFGV建設コストは前月比+1.52%と市場予想を上回り、こちらも1年ぶりの高い伸びとなった。ブラジル中銀の週次サーベイでは年末までの政策金利見通しが13.25%と前週から上方修正。5月のブラジル融資残高は前月比0.1%増と5カ月ぶりのプラス。6月26日までのブラジル貿易収支は34.5億ドルの黒字を記録した。

 MXNは対ドルで1.3%の下落。5月のメキシコ貿易収支は5.3億ドルの赤字と赤字額が市場予想を大幅に下回った。

 HUFは対ドルで1.3%の下落。6月のハンガリー消費者信頼感は-19.2、同月同国の企業景況感は+1.7といずれも前月から小幅低下した。

 ILSは対ドルで0.3%の上昇。イスラエル中銀は市場予想通り政策金利を0.10%で据え置き。同中銀は声明で輸出の弱さに対する懸念を改めて示し、英国のEU離脱が緩和的な金融政策を正当化すると説明した。

 PLNは対ドルで1.3%の下落。ポーランド中銀・金融政策決定委員会のロン委員はGDPの減速懸念が生じた場合、利下げの可能性があると発言。現時点では非伝統的な金融政策の必要性はないが今後、必要になる可能性もあると発言した。

米カリフォルニア州ロサンゼルスにある73階建てビル「USバンクタワー」の建物外側に、全面ガラス張りの密閉式滑り台「スカイスライド」が完成したそうです。地上からの高さは約305メートルで、長さは14メートルとのこと。一般公開もされています。罰ゲームに使えそうですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿