2016年6月9日木曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年6月8日)

 新興国通貨は対ドルで4日続伸となった。

 KRWは対ドルで0.5%の上昇。4月の韓国M2は前月比0.3%増と5カ月ぶりの低水準に鈍化した。

 IDRはBloombergによると対ドルでほぼ変わらず。5月のインドネシア消費者信頼感は112.1と3カ月連続で上昇した。

 BRLは対ドルで2.1%の上昇。USD/BRLは昨年7月末以来となる3.37台に低下した。次期中銀総裁に指名されたイラン・ゴールドファイン氏は、ブラジル上院での証言で為替介入に否定的な見方を示したことが好感された。5月のブラジルIPCAは前年比+9.32%とほぼ市場予想通りの伸び。5月のブラジル商品価格指数は前年比+9.32%と市場予想に反し、前月から加速した。

 CLPは対ドルで0.8%の上昇。5月のチリCPIは前年比+4.2%と市場予想を下回り、前月と同じ伸びだった。

 CZKは対ドルで0.3%の上昇。5月のチェコ失業率は5.4%と市場予想通りで前月から低下した。

 HUFは対ドルで0.4%の上昇。5月のハンガリーCPIは前年比-0.2%と市場予想に反し前年割れ。4月のハンガリー貿易収支は9.59億ユーロの黒字と黒字額が市場予想を上回った。ハンガリー中銀は会合議事録(5月24日結果発表分)を公表。メンバー全員が15bpの利下げを支持したことが判明した。

 TRYは対ドルで0.2%の上昇。4月のトルコ鉱工業生産は前年比+0.7%と市場予想を大きく下回り、昨年7月以来の低い伸びにとどまった。

 ZARは対ドルで1.2%の上昇。第1四半期の南アフリカGDPは前年比0.2%減(前期比年率1.2%減)と市場予想を上回る減少率。フィッチは南アフリカ債格付けを従来の「BBB-」、格付け見通しを「安定的」に据え置き。同社は経常収支赤字は2016年に緩やかに改善するとの見方を示した。

 PLNは対ドルで1.1%の上昇。ポーランド中銀は市場予想通り政策金利を1.50%で据え置き。同中銀は声明でGDP成長率は第1四半期に減速した後に安定化し、デフレは現時点では悪影響が生じていないと指摘。今月末で退任が予定されている同中銀のベルカ総裁は、今回の会合が自分自身の葬儀のように感じたとコメントした。

 RUBは対ドルで1.4%の上昇。5月のロシア軽自動車売上高は前年比14.5%減と市場予想を上回る減少。6月6日のロシアCPIは前週比横ばいと前週から鈍化した。

米国のジョン・F・ケネディ元大統領が愛人に書いたとみられるラブレターが、6月23日にオンラインで競売にかけられるそうです。入札開始価格は3万ドルとのこと。落札されたら私にも見せてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿