2016年8月19日金曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2016年8月18日)


 8月18日のロンドン市場は円が売り戻される一方で、ポンドが英経済指標を受けて急伸した。ドル円は99円台後半から取引中盤には100円台半ばに上昇。ロンドン市場に入り米債利回りが上昇。ドイツ株も上げて始まった後、下値の堅い動きとなり、ドル円をサポートした。ただ、取引後半のドル円は100円台前半で上値が抑えられる動き。米債利回りのが伸び悩んだほか、ドイツ株も方向感に欠ける動きを続けたことでドル円の上値は重くなった。

 ユーロドルは1.13ドル台前半で方向感に欠ける展開。6月のユーロ圏経常収支(季調値)は282億ユーロの黒字と黒字額が前月から縮小。一方、その後発表された同月のユーロ圏建設業生産高は前年比0.6%増と小幅ながら4カ月ぶりのプラスに転じた。ただ両指標に対する反応は限定的。取引後半にECBは理事会議事要旨(7月20日、21日開催分)を公表。現段階で、金融政策上の対応をとる可能性について討議するのは時期尚早という認識が、メンバー間で広く共有されたとし、下向きリスクが明らかに高まったものの、今後数カ月間に得られる情報を評価する、さらなる時間が必要と指摘された。また、将来の金融政策の道筋について過度な期待を生じさせることなく、責務の範囲内で利用可能なあらゆる手段を活用し、目的達成のために正当化されれば、行動をとる能力と用意がある点を、理事会が繰り返し表明する必要があるという見方が全般に広く共有されたとした。同議事要旨が公表されてからユーロドルは1.13ドル台前半でやや強含んだが、買い一巡後は一転して上値の重い動きとなった。

 ポンドは英経済指標を受けて急伸した。取引序盤のポンドドルは1.30ドル台後半での推移。7月の英小売売上高は前月比1.4%増と市場予想を大きく上回り、3カ月ぶりの高い伸び。同指標発表後、ポンドは買いが先行し、ポンドドルは1.31ドル台後半と約2週間ぶりの高値を記録。その後は1.31ドル台半ば近辺での推移を続けた。

 NY市場は取引中盤からドル売り優勢の展開となった。取引序盤に発表された米新規失業保険申請件数は26.2万件と市場予想や前週を小幅下回る水準。同時に発表された8月のフィラデルフィア連銀景況指数は+2.0と市場予想通りでプラスに転じた。両指標発表後にドルは強含み、ドル円は100円台半ば近辺で小高く推移したが、その後100円台前半に小反落。ユーロドルは1.13ドルちょうど近辺に下落した。

 取引中盤に近付き発表された7月の米景気先行指数は前月比+0.4%と市場予想を小幅上振れたが、市場の反応は限定的。その後、NY連銀のダドリー総裁は地域経済に関する講演の事前テキストで強い米雇用指標は景気減速圏値を和らげていると指摘。その後の質疑応答で自身の見解は火曜日に示した内容と変更はないと明言。第2四半期GDPの伸びの低さは在庫による部分が大きかったとし、年後半は2%もしくはそれ以上に回復するとの見方を表明。利上げの判断をするうえではGDPより雇用情勢を重視すると語った。同総裁の発言が伝わった当初は市場の反応は薄かったが、取引中盤に入り米債利回りが低下基調に転ずると、ドルは売り優勢の展開。ドル円は100円ちょうど近辺まで下落し、その後、もみ合い。後半に入ると、100円割れとなり、終盤は100円ちょうど近辺での推移。ユーロドルは1.13ドル台前半に上昇後、一時、伸び悩んだが、後半に再び上昇基調を取り戻し、終盤は1.13ドル台後半と英国民投票が実施された6月24日以来の高値に達した。

 NY連銀ダドリー総裁の発言は(自身も認めたように)16日(火曜日)の発言内容とほぼ同じ。米景気・雇用の先行きに対する自信を示したが、昨日公表されたFOMC議事録で判明したようにダドリー総裁の見方はFOMCメンバーの総意となっていない。このためFRBイエレン議長の指導力が期待されるところだが、同議長の見解は来週末の講演まで見いだしにくいまま。それまでは、米追加利上げ期待が強まることは期待しにくい。日銀が動きにくいとの見方から、円高期待も根強いようで、本日東京市場でのドル円は100円割れが定着する可能性もある。

0 件のコメント:

コメントを投稿