2016年8月31日水曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年8月30日)

 新興国通貨は一部アジア通貨を除き対ドルで下落した。

 KRWは対ドルで0.5%の上昇。7月の韓国百貨店売上高は前年比7.0%増と2カ月連続で高い伸び。同月同国のディスカウントストア売上高は同2.1%増と前月から加速した。

 THBは対ドルで小幅上昇。7月のタイ設備稼働率指数は62.3と2カ月連続の低下。同月同国の製造業生産は前年比5.1%減と市場予想を大きく下回り、2014年11月以来の落ち込みとなった。

 MYRは対ドルで0.3%の下落。7月のマレーシアM3は前年比2.3%増と前月から小幅加速した。

 BRLは対ドルで0.3%の下落。8月のブラジルIGP-Mは前年比+11.49%と市場予想通りで、前月とほぼ同じ伸び。7月のブラジル失業率は11.6%と市場予想を上回り、2012年の統計開始以来の最高を更新。同月同国の中央政府財政収支は186億レアルの赤字と赤字額が市場予想を下回ったが、前年同月比160%増だった。

 CLPは対ドルで0.5%の下落。7月のチリ鉱工業生産は前年比-1.8%と市場予想を小幅下振れ。一方、同月同国の小売売上高は同4.6%増と市場予想を上回り、3カ月ぶりの高い伸びに加速した。

 ZARは対ドルで0.9%の下落。7月の南アフリカ財政収支は731.6億レアルの赤字と2004年の統計開始以来、最大の赤字額を記録した。

 HUFは対ドルで0.8%の下落。7月のハンガリー失業率は5.0%と市場予想通りで、1999年の統計開始以来の最低を更新した。

地球外生命体が存在する証拠を求めて宇宙観測を続けるロシアの電波望遠鏡が強い信号を検知したそうです。やっと、この時が来ました。信号の中身は「ワレワレハ、ウチュウジンダ」でしょう。「ドルエンハ、キョウモ、ソコガタイ」ではないと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿