2016年9月13日火曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年9月12日)

 新興国通貨は対ドルで方向感に欠ける動き。アジア通貨が軟調に推移する一方、資源国通貨は買い優勢となった。

 INRは対ドルで0.4%の下落。8月のインドCPIは前年比+5.05%と市場予想を小幅下振れ。7月のインド鉱工業生産は前年比-2.4%と市場予想に反し3カ月ぶりの前年割れを記録した。

 BRLは対ドルで0.8%の上昇。9月のブラジルIGP-M(一次速報値)は前月比+0.38%とほぼ市場予想通りで前月から小幅加速。ブラジル中銀の週次サーベイでは年末までのUSD/BRL見通しが3.25に小幅下方修正された。9月11日時点のブラジル貿易収支は14.9億ドルの黒字と前月並みの黒字ペースだった。

 CLPは対ドルで小幅上昇。チリ中銀のエコノミストサーベイでは12月時点のインフレ見通しが3.4%と前月から小幅下方修正。ただ次回会合時の政策金利見通しは3.50%と現水準と変わらずだった。

 MXNは対ドルで0.3%の上昇。8月のメキシコANTAD既存店売上高は前年比1.7%増と市場予想を下回った。

 ILSは対ドルで0.4%の下落。イスラエル中銀は会合議事録(8月29日結果は発表分)を公表。金利据え置きの決定は全会一致だったことが判明した。

村上春樹さんが芥川賞を受賞していないことは存じ上げていましたが、山田詠美さんが受賞していないのを昨日知りました。三島由紀夫さんが受賞していないのはさきほど知りました。すみませんが、オチはありません。

0 件のコメント:

コメントを投稿