2016年11月9日水曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年11月8日)

 新興国通貨は対ドルで買い優勢。東欧通貨は軟調だったが、中南米通貨は買い先行の展開となった。

 TWDは対ドルで小幅上昇。10月の台湾CPIは前年比+1.70%と市場予想を上回り、7カ月ぶりの高い伸び。ただ伸びのけん引役は食品価格だった。

 CNYは対ドルで0.2%の下落。10月の中国貿易収支は490.6億ドルの黒字と黒字額が市場予想を下振れ。輸出が前年比7.3%減と市場予想を上回る落ち込みとなり貿易黒字を縮小させた。

 BRLは対ドルで0.9%の上昇。10月のブラジルIGP-DIは前年比+7.99%と市場予想を小幅下回り、昨年8月以来の低い伸びに鈍化した。

 CLPは対ドルで1.1%の上昇。10月のチリCPIは前年比+2.8%と市場予想を下回り、2013年11月以来の低い伸びを記録した。

 TRYは対ドルで小幅上昇。9月のトルコ鉱工業生産は前年比-3.1%と市場予想に反し前年割れ。USD/TRYは指標発表後、一時3.18台半ばと過去最高値(TRY最安値)を更新した。

 CZKは対ドルで小幅下落。9月のチェコ貿易収支は210億コルナの黒字と黒字額が市場予想を上回り、3カ月ぶりの高水準。同月同国の鉱工業生産は前年比+2.7%と市場予想を下振れ。10月のチェコ失業率は5.0%と市場予想通りで2008年12月以来の低水準を記録した。

 HUFは対ドルで0.2%の下落。10月のハンガリーCPIは前年比+1.0%と市場予想を上回り、2013年9月以来となる1%台に加速。9月の同国鉱工業生産は前年比-3.7%と市場予想に反し前年割れ。低下率は2012年11月以来の大きさとなった。

長野県下伊那郡喬木村で生産するブランド豚の名称は「くりん豚(とん)」とのこと。どこかに「戸ランプ」というランプを作っている村もあると思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿