2016年11月19日土曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2016年11月18日)


 11月18日のロンドン市場はドルが下落基調で推移した。ドル円は取引序盤に111円ちょうど手前と今年5月末以来の高値を記録。しかし、上げて始まったドイツ株は下げに転じ、米債利回りも伸び悩むとドル円は110円台後半で上値が抑えられた。

 取引中盤に入り米債利回りが低下に転ずると、ドル円は110円台半ばに下落。後半は一時110円台後半に反発したが、米債利回りが一段と低下すると、ドル円は110円台前半に下落した。

 ユーロドルは取引中盤まで1.06ドルちょうどを挟んでのもみ合い。10月のドイツPPIは前年比-0.4%と市場予想ほど低下せず、2013年8月以降、もっとも小幅な低下となったが、ユーロの反応は限定的。9月のユーロ圏経常収支(季調値)は298億ユーロの黒字と黒字額が前月を上回ったが、やはり反応は限定的だった。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年11月18日)

 新興国通貨はBRL、RUBを除き対ドルで下落した。

 KRWは対ドルで0.6%の下落。USD/KRWは6月27日以来となる1180台に上昇した。10月の韓国PPIは前年比-0.2%と低下率が2014年8月以来の低水準に縮小した。

 CLPは対ドルで0.5%の下落。チリ中銀は市場予想通り政策金利を3.50%に据え置き。同中銀は声明でインフレ期待は短期的には低下したが、インフレ目標水準近くで推移していると指摘。早期の利下げを暗に否定した。第3四半期のチリGDPは前年比1.60%増と市場予想を小幅上回った。

 BRLは対ドルで1.1%の上昇。ブラジル中銀がリバース通貨スワップ入札を見送り、逆に通貨スワップ入札を実施したことが材料視された。11月15日のブラジルFIPE・CPIは前月比+0.30%と市場予想を小幅下振れ。11月のブラジルIGP-M(二次速報値)は前月比+0.02%とほぼ市場予想通り。11月のブラジルCNI産業信頼感は51.7と前月から低下した。

 COPは対ドルで0.7%の下落。9月のコロンビア貿易収支は10.7億ドルの赤字と赤字額が市場予想を上回った。

 PLNは対ドルで0.5%の下落。10月のポーランド平均総賃金は前年比3.6%増と市場予想を下振れ。同月同国の雇用は同3.1%増と市場予想通りの伸びだった。

 RUBは対ドルで0.2%の上昇。10月のロシアPPIは前年比+3.1%と市場予想を下振れ。同月同国の失業率は5.4%と市場予想通りで、前月から悪化。実質賃金は前年比2.0%増と市場予想を下回り、実質小売売上高は同4.4%減と市場予想以上に減少した。

よい週末をお過ごしください。

2016年11月18日金曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2016年11月17日)


 11月17日のロンドン市場はドルが軟調な展開となった。ドル円は取引前半に109円台前半から109円ちょうど近辺に下落。ロンドン市場に入り米債利回りは低下。ドイツ株も小幅マイナス圏での推移となり、ドル売り優勢となった。しかし中盤に入ると、米債利回り、ドイツ株ともに下げ止まり。以降は109円ちょうどを挟んで小幅上下動となった。

 ユーロドルは取引前半に1.07ドルちょうど手前から1.07ドル台前半に上昇。中盤は1.07ドル台前半で伸び悩んだ。9月のユーロ圏建設業生産高は前年比1.8%増となり、前月分も上方修正。10月のユーロ圏CPI(確報値)は前年比+0.5%と市場予想通り速報値から小幅上方修正されたが、ユーロ買いの反応は見られず、ユーロドルは1.07ドル台前半でもみ合いを続けた。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年11月17日)

 新興国通貨は対ドルで多くが下落した。

 SGDは対ドルで0.3%の下落。USD/SGDは一時1.42ちょうど近辺と2月3日以来のSGD安を記録した。10月のシンガポール輸出(除く石油)は前年比12.0%減と市場予想を大きく下回り、7カ月ぶりの大幅下落を記録した。

 PHPは対ドルで0.5%の下落。USD/PHPは一時49.5台と2008年12月以来のPHP安を記録した。第3四半期のフィリピンGDPは前年比7.1%増と市場予想に反し前期から小幅加速した。

 IDRはBloombergによると対ドルで変わらず。インドネシア中銀は大方の市場予想通り政策金利を4.75%で据え置き。同中銀は会見でIDRがファンダメンタルズに沿った動きになるよう防衛する意思を表明。金融政策の移行は続いているとしたが、金融政策の動きは不確実性の高まりに沿ったものであるとの考えも示し、過去の利下げが景気を支えるのに十分であると指摘。今回の金利据え置きは国際的な不確実性の高まりに対応したものであると説明した。

 BRLは対ドルで0.2%の上昇。9月のブラジル経済活動指数は前年比-3.67%とほぼ市場予想通りで、前月から悪化した。

 MXNは対ドルで0.9%の下落。メキシコ中銀は政策金利を50bp引き上げ5.25%にすると発表。同中銀は声明でメキシコ経済が不確実性の高まりに直面していると指摘。総需要の拡大によるインフレ圧力の増大は全く見られず、景気の先行き見通しは悪化したと指摘した。MXN安がもっとも重要なインフレリスク要因であり、前回会合よりインフレリスクも悪化したとの考えも示した。

 COPは対ドルで0.8%の下落。9月のコロンビア小売売上高は前年比1.3%減と市場予想を小幅下振れ。同月同国の鉱工業生産は同+4.0%と市場予想を小幅上回った。10月のコロンビア消費者信頼感は-3.2と市場予想を下回った。

 TRYは対ドルで1.6%の下落。USD/TRYは3.37台と過去最高値(TRYは最安値)を更新した。11月11日までの週の非居住者によるトルコ国債取引は6.78億ドルの売り越しと、1カ月ぶりの大幅売り越しを記録した。

 RUBは対ドルで変わらず。11月11日のロシア金・外貨準備高は3931億ドルと前週から減少した。

今年の流行語大賞候補が昨日、発表されました。私は知りませんでしたが「斉藤さんだぞ」というのも入っています。「トランプさんだぞ」というのも、いずれ流行るのかもしれません。そういえば「トランプ現象」も候補にノミネートされていました。日本時間本日午前7時からトランプ氏と会談する安倍首相からお伝えしていただきたいものです。

2016年11月17日木曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2016年11月16日)


 11月16日のロンドン市場はドルが上昇基調で推移した。ドル円は取引序盤に109円ちょうど近辺から109円台半ば近辺に上昇。その後もじり高の動きを続け、終盤は109円台後半で下値の堅い動きとなった。一方、ユーロドルは取引序盤に1.07ドル台半ばから1.07ドルちょうど近辺に下落。中盤に1.07ドル台前半に反発したが、後半に入るとじり安の動きとなり、終盤は1.07ドルちょうど近辺で上値の重い動きとなった。ドイツ株は小幅マイナス圏で推移したが、米債利回りは上昇基調で推移し、ドル買いの動きを後押しした。

 ポンドは下落。ポンドドルは1.25ドルちょうど近辺から1.24ドル台前半に下落した。10月の英失業率は2.3%と市場予想通りで3カ月連続の横ばい。9月の英週平均賃金は前年比2.3%増と市場予想を小幅下回り、前月と同じだった。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年11月16日)

 新興国通貨は一部を除き対ドルで下落した。

 BRLは対ドルで0.3%の上昇。11月のブラジルIGP-10は前月比+0.06%と市場予想通りで前月から小幅鈍化。9月のブラジルIBGEサービス部門売上高は前年比4.9%減と市場予想を上回る減少となった。

 CZKは対ドルで0.5%の下落。10月のチェコPPIは前年比-1.7%と低下率が市場予想を下回った。

 ZARは対ドルで1.2%の下落。9月の南アフリカ小売売上高は前年比1.4%増と市場予想を上回る伸びとなった。

 ILSは対ドルで0.2%の下落。第3四半期のイスラエルGDPは前期比年率3.2%増と市場予想を上回り、前期も同4.9%増に上方修正された。

 RUBは対ドルで0.9%の下落。10月のロシア鉱工業生産は前年比-0.2%と市場予想ほど低下せず。11月14日までの週のロシアCPIは前週比+0.1%と前週から変わらなかった。

今年の流行語大賞は「トランプ大統領」のような気がしてきました。

2016年11月16日水曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2016年11月15日)


 11月15日のロンドン市場はユーロが上昇。しかしドル円は下値が堅く、ポンドは対ドルで下落するなどマチマチな動きとなった。ドル円は取引所版に108円台前半から107円台後半に下落。ロンドン市場に入り米債利回りが低下。ドイツ株も前日終値水準でもみ合いとなり、ドル円の重しとなった。その後、ドル円は108円ちょうどを挟んで上下動を続けたが、取引後半は108円台前半に反発。低下していた米債利回りが上昇に転じたことでドルが買い戻された。

 ユーロドルは取引前半に1.07ドル台半ばから1.08ドルちょうど近辺に上昇。取引所版に発表された第3四半期のドイツGDPは前年比+1.7%と市場予想を小幅下回ったが、ユーロは買い優勢の展開に。ただ取引中盤のユーロドルは1.08ドルちょうど近辺で伸び悩んだ。後半に入り発表された9月のユーロ圏貿易収支は249億ユーロの黒字と黒字額が2カ月連続で拡大し、市場予想を上振れ。同時に発表された第3四半期のユーロ圏GDPは前年比1.6%増と市場予想通りの結果。11月のドイツZEW景況感調査は13.8と市場予想を上回り、5カ月ぶりの高水準を記録した。しかしユーロドルは1.08ドルちょうどで反応薄。終盤に入り米債利回りの上昇を受けてユーロドルは1.07ドル台後半に下落した。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年11月15日)

 新興国通貨は原油先物価格の上昇を背景にRUB、MXN、ZARが対ドルで上昇。他はマチマチだった。

 SGDは対ドルで変わらず。9月のシンガポール小売売上高は前年比2.0%増と市場予想通り。ただ自動車を除くコア売上高は同1.9%減と市場予想を上回る減少率を記録した。

 INRは対ドルで0.7%の下落。l10月のインドWPIは前年比+3.39%と市場予想に反し前月から小幅鈍化。同月同国CPIは同+4.20%とほぼ市場予想通り。同月同国の貿易収支は101.6億ドルの赤字と赤字額が市場予想を上回り、昨年12月以来の高水準に拡大した。

 IDRはBloombergによると対ドルで変わらず。10月のインドネシア貿易収支は12.7億ドルの黒字と黒字額が市場予想を上触れ。輸出が前年比4.59%増と市場予想を上回る一方、輸入は同3.27%増と市場予想を下回った。

 PHPは対ドルで小幅上昇。9月のフィリピン海外労働者送金は前年比6.7%増と市場予想を上回った。

 PENは対ドルで0.6%の上昇。9月のペルー経済活動は前年比+4.1%と市場予想を小幅上回ったが、前月からは鈍化。10月のペルー失業率は6.2%と市場予想を下回り、昨年12月以来の低水準に改善した。

 TRYは対ドルで小幅下落。8月のトルコ失業率は11.3%と市場予想を上回り、昨年1月以来の高水準。10月の同国財政収支は1億ドルの赤字と赤字額が前月から急減した。

 HUFは対ドルで0.2%の上昇。第3四半期のハンガリーGDPは前年比2.0%増と市場予想通り。前期は同2.8%増に上方修正された。

 CZKは対ドルで0.2%の下落。第3四半期のチェコGDPは前年比1.9%増と市場予想を下回り、2014年第1四半期以来の2%割れとなった。

 PLNは対ドルでほぼ変わらず。第3四半期のポーランドGDPは前年比2.5%増と市場予想を下回り、3年ぶりの低い伸び。10月の同国コアCPIは前年比-0.2%と市場予想ほど低下しなかった。

 ILSは対ドルで小幅上昇。10月のイスラエルCPIは前年比-0.3%と市場予想通りで、低下率は前月から小幅縮小した。

トランプ新大統領の物まねの練習をしていたら、金髪にしたほうがリアル感があるような気がしてきました。今日のお昼休みに金髪カツラを買いに行こうと思います。

本日もよろしくお願いいたします。

2016年11月15日火曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2016年11月14日)


 11月14日のロンドン市場はドル買い優勢の展開となった。ドル円は取引前半に107円台半ばから108円ちょうど手前に上昇。ロンドン市場でも米債利回りは下値の堅い動き。ドイツ株は大きく上昇して始まり、ドル円の上昇を後押しした。ただ、中盤以降は108円ちょうど手前で小動き。終盤に108円ちょうどを上抜けたが上昇は続かず、すぐに108円ちょうど手前に反落した。

 ユーロドルは取引前半に1.08ドルちょうどから1.07ドル台前半に下落。ドル円と同様にドル買いの動きとなった。しかし取引中盤に入るとユーロドルは1.07ドル台半ば近辺に反発。後半に入り発表された9月のユーロ圏鉱工業生産は前年比+1.2%と市場予想を小幅上回ると、ユーロドルは1.07ドル台後半に上昇した。

 NY市場は取引中盤にドルが上昇。後半も高値圏を維持した。この日は米経済指標の発表がなく、材料難。取引前半のドル円は107円台後半から108円ちょうど手前水準で方向感に欠ける動き。ユーロドルは1.07ドル台後半で推移した。取引中盤に近づき低下していた米債利回りが上昇に転ずると、ドル円は108円台半ばと6月3日以来の高値に上昇。一方、ユーロドルは1.07ドル台前半に下落した。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年11月14日)

 新興国通貨はMXNを除き対ドルで下落した。

 CNYは対ドルで0.7%の下落。USD/CNYは6.86台と2008年12月以来のCNY安水準に上昇した。10月の中国鉱工業生産は前年比+6.1%と市場予想を小幅下回り前月と同じ伸び。同月同国の小売売上高は同10.0%増と市場予想を大きく下回り、5カ月ぶりの低い伸びにとどまった。

 BRLは対ドルで1.2%の下落。ブラジル中銀の週次サーベイでは来年末の成長率見通しが1.13%に小幅下方修正されたほかは大きな動きは見られず。11月13日までのブラジル貿易収支は14.4億ドルの黒字と前月並みのペースで黒字が拡大した。

 CZKは対ドルで1.1%の下落。9月のチェコ経常収支は47.6億コルナの黒字と5カ月ぶりの黒字となった。

 PLNは対ドルで1.3%の下落。10月のポーランドM3は前年比8.7%増と市場予想を小幅下回り、5カ月連続の鈍化。9月の同国経常収支は10.0億ユーロの赤字と赤字額が市場予想を上回った。

 RUBは対ドルで0.6%の下落。第3四半期のロシアGDPは前年比0.4%減と減少率が市場予想を小幅下回った。

ロンドンのマダム・タッソーろう人形館は、1月20日の就任式までにトランプ次期大統領のろう人形を完成させるべく作成を始めたそうです。私はトランプ氏の物まねの練習を始めました。

2016年11月14日月曜日

トランプ新大統領の誕生も追い風となりそうなロシア・ルーブル(RUB)

 ロシア景気が回復基調で推移している。10月のロシア製造業PMIは52.4と市場予想を大きく上回り、2013年11月の現行統計開始以来最高を記録。生産が6カ月連続で上昇し、新規受注も上昇し、指数を押し上げた。9月の貿易統計を見ても、貿易収支は74億ドルの黒字と黒字額が縮小傾向に歯止めの兆しがみられた。輸入は前年比7.9%増と2カ月連続で増加となったが、輸出が同3.0%減と、減少率が2014年8月以来の小幅に縮小した。

 これまで、企業部門に比べさえない状況が続いてきた家計部門でも改善の兆しが出てきた。9月のロシア失業率は5.2%と年初の5%台後半から改善。同月同国の実質賃金は前年比2.8%増と2カ月連続の2%台の伸びを記録。同実質小売売上高は前年比3.6%減と減少幅が市場予想を下回った。

 これまでロシア景気を苦しめてきたインフレも、鈍化基調を強めている。10月のロシアCPIは前年比+6.1%と4カ月連続で鈍化し、2014年1月以来の低い伸び。ロシア中銀が発表するインフレ期待(今後12か月間のインフレ予想)は、+12.3%と(水準は高いが)2014年8月以来の低水準に低下した。

 ロシア中銀はインフレ期待の不安定さや消費性向の高止まりの可能性を指摘し、2017年もインフレが目標水準である4%を上回る可能性があると指摘。年内は金利を据え置き、利下げは2017年第1~2四半期の可能性を示している。ただ今夜発表される見込みの第3四半期のロシアGDPは前年比0.5%減と7四半期連続の前年割れ。ロシア中銀は、景気回復を本格化させるためにもインフレ期待の鈍化継続が確認されれば、2月3日の会合で利下げに踏み切ってもおかしくない。

 RUBは対ドルで1月21日に86ちょうど近辺まで売られたが、その後は買い戻し基調が続き、4月29日には64ちょうど近辺と2015年11月以来のRUB高水準に下落。その後は8月まで63~67のレンジ内の推移が続いたが、9月に入ると原油先物価格の上昇が好感され、10月上旬には62ちょうど近辺と2015年10月以来のRUB高を記録した。

 11月は米国でトランプ新大統領の誕生が決まると、RUBは対ドルで67ちょうど近辺までRUB安が進んだが、ほか新興国に比べれば下げ幅は限定的。トランプ新大統領がロシアとの外交関係の改善を公約化していることから、ロシアに対する米国の経済制裁解除期待がRUBをサポートしている可能性もある。ドル高の進展で原油先物価格が一段安になる可能性はあるが、金利水準は比較的高く、来年の利下げを背景とした景気回復期待もあって、RUBは当面、底堅い動きが期待される。USD/RUBの下値の節目は10月上旬に記録した62ちょうど近辺と2015年10月の安値である60.6近辺の2つ。ここを割り込むと、60ちょうど近辺や57ちょうど近辺が次の節目となる。