2017年3月8日水曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2017年3月7日)

 新興国通貨は対ドルで底堅く推移した。

 TWDは対ドルで0.4%の上昇。
2月の台湾CPIは前年比-0.04%と市場予想を下回り、2015年8月以来の前年割れ。同月同国のWPIも同+2.19%と市場予想や前月を下回った。同月同国の貿易収支は33.6億ドルの黒字と黒字額が市場予想や前月を下振れ。輸入が前年比42.1%増と急増したことが響いた。

 PHPは対ドルで0.2%の上昇。
2月のフィリピンCPIは前年比+3.3%と市場予想を上回り、2014年11月以来の高い伸びに加速。2月のフィリピン外貨準備高は811億ドルと前月とほぼ同じだった。

 MYRは対ドルで変わらず。
2月末のマレーシア外貨準備高は950億ドルと2月中旬から変わらずだった。

 CNYは対ドルで小幅下落。
2月の中国外貨準備高は3兆51億ドルと市場予想に反し前月から増加した。

 IDRはBloombergによると対ドルで変わらず。
2月のインドネシア外貨準備高は1198.6億ドルと2011年8月以来の高水準に増加した。

 BRLは対ドルで0.6%の上昇。
2月のブラジルIGP-DIは前年比+5.26%とほぼ市場予想通りで2015年5月以来の低い伸び。1月のブラジル製造業PPIは前年比-0.03%と前月から鈍化。第4四半期のブラジルGDPは前年比2.5%減と減少率が市場予想より小幅大きかったが、前期からは縮小した。1月のブラジルCNI設備稼働率は77.2%と7カ月ぶりの高水準に上昇した。

 CLPは対ドルで0.3%の上昇。
2月のチリ貿易収支は2.36億ドルと黒字額が市場予想を下振れ。1月のチリ名目賃金は前年比4.4%増と市場予想通りだったが、3カ月連続で鈍化し、2010年9月以来の低い伸びとなった。

 HUFは対ドルで0.2%の下落。
1月のハンガリー鉱工業生産は前年比+1.6%と市場予想に反し前月から鈍化した。

 ZARは対ドルで0.5%の上昇。
第4四半期の南アフリカGDPは前年比0.7%増と前期と同じ伸びにとどまった。

 RUBは対ドルで小幅上昇。
2月のロシアCPIは前年比+4.6%と市場予想通りで2012年6月以来の低い伸び。2月のロシア外貨準備高は3973億ドルと5カ月ぶりの高水準に増加した。

埼玉県の久喜市が、市の歌「笑顔のまち永遠なれ」のダンスアレンジで踊る「クッキーダンス」の動画を公開しています。私は久喜市と全く縁がございませんが、皆様にご披露できるように練習したいと思います。

本日もよろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿