2017年3月10日金曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2017年3月9日)

 新興国通貨は対ドルでマチマチ。東欧通貨が底堅く推移する一方、RUBやZARなどの資源国通貨は原油先物価格の下落を受けて下落した。

 CNYは対ドルで変わらず。
2月の中国CPIは前年比+0.8%と市場予想を大きく下回り、2015年1月以来の1%割れ。一方、同月同国のPPIは同+7.8%と市場予想を上回り、2008年9月以来の高い伸びに加速。2月の中国資金調達総額は1.15兆元と市場予想を下回った。

 BRLは対ドルで0.7%の下落。
3月のブラジルIGP-Mは前月比+0.25%と市場予想や前月を小幅上回った。

 MXNは対ドルで0.8%の下落。
2月のメキシコCPIは前年比+4.86%とほぼ市場予想通りで前月から小幅加速した。

 CZKは対ドルで0.5%の上昇。
1月のチェコ貿易収支は194億コルナの黒字と黒字額が市場予想を下振れたが、4カ月ぶりの大幅黒字。2月のチェコCPIは前年比+2.5%と市場予想を上回り、2012年11月以来の高い伸びに加速した。

 TRYは対ドルで1.0%の下落。
3月3日までの週のトルコ非居住者によるトルコ債投資は9900万ドルの売り越しと3週ぶりに売り越しに転じた。

 RUBは対ドルで1.9%の下落。
2月のロシア軽自動車売上高は前年比4.1%減とほぼ市場予想通り。3月3日のロシア金・外貨準備高は3934億ドルと前週より小幅増加。3月6日のロシアCPIは前週比横ばいと3週連続の横ばいだった。

豪アデレード大学のチームなどが調査し科学誌ネイチャーに掲載された研究によると、人類に最も近い種とされているネアンデルタール人は、毛の生えたサイの仲間や野生のキノコを食べたり、鎮痛や病気治療に植物由来の薬を使用したりしていたそうです。私はサイの肉をいただいたことはありませんが、いただくことがあったら、毛を取り除きたいと思います。
本日もよろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿