2017年4月21日金曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2017年4月20日)

 新興国通貨は対ドルで買い優勢。ZAR、TRY、RUBといった高金利通貨の上げが目立った。

 TWDは対ドルで変わらず。
3月の台湾輸出受注は前年比12.3%増と市場予想を大きく上回り、2カ月連続の二桁増を記録した。

 IDRはBloombergによると対ドルで0.2%の下落。
インドネシア中銀は市場予想通り政策金利を4.75%で据え置き。同中銀は声明で現在の金利水準は経済の安定化に資すると指摘。しかし同中銀のワルヨ理事は必要とする場合、利上げに踏み切る用意があると述べた。

 BRLは対ドルで小幅下落。
4月15日のブラジルFIPE・CPIは前月比+0.43%とほぼ市場予想通りで前週から小幅加速。4月の同国IPCA-15は前年比+4.41%と市場予想とほぼ同じで2010年1月以来の低い伸びに鈍化した。

 COPは対ドルで0.7%の上昇。
2月のコロンビア貿易収支は8.2億ドルの赤字と赤字額が市場予想を上振れ。3月のコロンビア消費者信頼感は-21.1と市場予想を小幅下回ったが前月からは改善した。

 CZKは対ドルで変わらず。
3月のチェコPPIは前年比+3.0%と市場予想に反し前月から小幅鈍化した。

 HUFは対ドルで小幅上昇。
2月のハンガリー平均総賃金は前年比10.7%増と市場予想や前月を上回る伸びとなった。

 PLNは対ドルで小幅下落。
3月のポーランド鉱工業生産販売は前年比11.1%増と市場予想を上回り、2010年12月以来の高い伸び。同月同国の小売売上高は同9.7%増とこちらも市場予想を上振れ。同月同国PPIは同+4.7%と市場予想を上回り、2012年5月以来の高い伸びに加速した。

 TRYは対ドルで0.9%の上昇。
4月のトルコ消費者信頼感は71.3と市場予想を上回り、6カ月ぶりの高水準に上昇。4月14日までの週のトルコ非居住者によるトルコ債投資は0.8億ドルの買い越しだった。

 RUBは対ドルで0.7%の上昇。
4月14日のロシア金・外貨準備高は3984億ドルと前週から増加した。

 ILSは対ドルで変わらず。
イスラエル中銀は会合議事録(4月6日結果発表分)を公表。金利据え置きは全会一致によるものだった。

英イングランド北部ウェイクフィールドに近い町ガウソープで50キロの炭袋を背中に担いで1.1キロのコースを走る「世界炭運び選手権」が行われたそうです。日本人選手の今後の活躍が期待されます。

本日もよろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿