2017年4月23日日曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2017年4月21日)

 新興国通貨は対ドルで小動きだった。

 MYRは対ドルで変わらず。
4月14日のマレーシア外貨準備高は957億ドルと3月末から小幅増加した。

 MXNは対ドルで小幅下落。
3月のメキシコ失業率は3.53%と市場予想とほぼ同じで、前月から小幅上昇した。

 COPは対ドルで0.9%の下落。
2月のコロンビア経済活動指数は前年比+0.3%と市場予想を下回り、前年割れを記録した昨年7月以来、最も低い伸びに鈍化した。

 PLNは対ドルで小幅上昇。
ポーランド中銀は会合議事録(4月5日結果発表分)を公表。メンバーの過半は今後、数四半期のインフレは緩やかな伸びにとどまると予想。政策金利は据え置かれるとの見方が示されたが、メンバー数名はインフレ圧力が強まれば利上げの必要性があると指摘した。

明日もよろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿