2017年4月25日火曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2017年4月24日)

 新興国通貨は対ドルで上昇。フランス大統領選の結果を受けて市場のリスク回避姿勢が後退。東欧通貨を中心に買いの動きが広がった。

 THBは対ドルで小幅上昇。
3月のタイ貿易収支(通関ベース)は16.2億ドルの黒字と黒字額が市場予想を下振れ。輸入が前年比19.3%増と急増したことで貿易黒字が縮小した。

 SGDは対ドルで0.3%の上昇。
3月のシンガポールCPIは前年比+0.7%、コアCPIは同+1.2%と、いずれも市場予想通りで前月から変わらなかった。

 TWDは対ドルで0.3%の上昇。
3月の台湾鉱工業生産は前年比+3.22%と市場予想を下回った。

 BRLは対ドルで0.6%の上昇。
ブラジル中銀による週次サーベイでは今年末までのIGP-DI見通しが前週から下方修正されたが、他項目はほぼ変わらず。4月のブラジルCNI産業信頼感は53.1と前月から小幅低下。4月23日までのブラジル貿易収支は51.9億ドルの黒字と、黒字拡大ペースが前月並みとなった。

 MXNは対ドルで0.5%の上昇。
4月上旬のメキシコCPIは前年比+5.62%とほぼ市場予想通りで、3月下旬から小幅加速。2月のメキシコ経済活動指数は前年比+0.95%と市場予想を下回り、昨年3月以来の低い伸びに鈍化した。

 CLPは対ドルで0.4%の下落。
3月のチリPPIは前年比+7.6%と2カ月連続で鈍化した。

 HUFは対ドルで1.8%の上昇。
4月のハンガリー企業景況感は+6.4と6カ月連続で上昇し、昨年1月以来の高水準。一方、同月同国の消費者信頼感は-16.4と昨年11月以来の低水準に低下した。

 CZKは対ドルで1.6%の上昇。
4月のチェコ企業景況感は14.3と前月から小幅上昇する一方、同月同国の消費者信頼感は6.0と前月から小幅低下した。

 TRYは対ドルで1.8%の上昇。
3月のトルコ住宅販売は前年比10.0%増と再び二ケタの伸び。4月のトルコ企業景況感は106.3と市場予想や前月を下振れ。同月同国の設備稼働率は78.4%と市場予想を大きく上回り、2015年11月以来の高い水準に上昇した。

来季のフィギュアスケート・アイスダンスでは、肌の露出が多い衣装が減点対象とされることになったそうです。私も肌の露出に気を付けたいと思います。

本日もよろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿