2017年5月16日火曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2017年5月15日)

 新興国通貨は対ドルで上昇。欧米株が堅調に推移し、原油先物価格も底堅く推移。新興国通貨をサポートした。

 CNYは対ドルで小幅上昇。
4月の中国小売売上高は前年比10.7%増と市場予想や前月を小幅下振れ。同月同国の鉱工業生産は同+6.5%と市場予想や前月を大きく下回った。

 THBは対ドルで0.6%の上昇。
第1四半期のタイGDPは前年比3.3%増と市場予想を上回り、3期ぶりの高い伸び。民間消費が同3.2%増と加速し、成長率をけん引した。

 PHPは対ドルで0.2%の上昇。
3月のフィリピン海外労働者送金は前年比10.7%増と昨年11月以来の高い伸びに加速した。

 IDRはBloombergによると対ドルで0.2%の上昇。
4月のインドネシア貿易収支は12.4億ドルの黒字と黒字額が市場予想を上回った。

 INRは対ドルで0.4%の上昇。
4月のインド貿易収支は132.5億ドルの赤字と赤字額が2014年11月以来の大きさに拡大した。

 BRLは対ドルで0.5%の上昇。
ブラジル中銀の週次サーベイでは今年末時点のUSD/BRL見通しが3.25に小幅上方修正。3月のブラジル経済活動は前年比+1.05%と市場予想を上回り、2014年2月以来の高い伸び。5月14日までのブラジル貿易収支は30.0億ドルの黒字と黒字拡大ペースが前月を下回った。

 COPは対ドルで1.4%の上昇。
コロンビア中銀は四半期インフレ報告を公表。同中銀のエチャバリア総裁はインフレは目標に比べ依然として高いが、年末には4%に鈍化することが可能と発言した。

 PENは対ドルで0.2%の上昇。
3月のペルー経済活動指数は前年比+0.7%と市場予想を小幅上振れ。4月のペルー失業率は6.8%と市場予想を下回り、昨年12月以来の低水準に低下した。

 CZKは対ドルで0.8%の上昇。
3月のチェコ経常収支は312.2億コルナの黒字と黒字額が市場予想を上回り、一年ぶりの高水準に達した。

 PLNは対ドルで0.7%の上昇。
3月のポーランド経常収支は7.4億ドルの赤字と赤字額が市場予想上振れ。4月のポーランド・コアCPIは前年比+0.9%と市場予想上回り、2014年6月以来の高い伸びに加速した。

 TRYは対ドルで0.7%の上昇。
2月のトルコ失業率は12.6%と市場予想に反し前月から低下。4月のトルコ財政収支は30億リラの赤字と3カ月連続の赤字となった。

 ILSは対ドルで変わらず。
4月のイスラエルCPIは前年比+0.7%と市場予想や前月を下回った。

 今日は旅の日だそうです。ある資料によると、「せわしない現代生活の中で旅の心を大切にし、旅のあり方を考え直す日」とのこと。今日は(も)オチがありません。

本日もよろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿