2017年5月20日土曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2017年5月19日)

 新興国通貨は対ドルで上昇した。

 MYRは対ドルで0.2%の上昇。
第1四半期のマレーシアGDPは前年比5.6%増と市場予想を大きく上回り、2年ぶりの高い伸び。政府支出が前年比7.5%増、投資が同10.0%増と急増したことで成長率が大きく加速した。

 TWDは対ドルで変わらず。
第1四半期の台湾経常収支は163.9億ドルの黒字と黒字額が前年比15.8%減となった。

 PHPは対ドルで変わらず。
4月のフィリピン総合国際収支は9.2億ドルの黒字と2015年2月以来の大幅黒字となった。

 IDRはBloombergによると対ドルで0.2%の上昇。
S&Pはインドネシア債格付けを従来の「BB+」から「BBB-」に引き上げ。見通しは「安定的」。同社は格上げの理由としてインドネシア当局の財政安定措置を指摘した。

 BRLは対ドルで3.6%の上昇。USD/BRLは3.25台半ば近辺まで下落した。
フィッチはブラジル債格付けを「BB」で確認。見通しは「ネガティブ」のままとした。

 CLPは対ドルで0.9%の上昇。
チリ中銀は大方の予想を裏切り政策金利を25bp引き下げ2.50%にすると発表。同中銀は声明で今後の金融政策は、国内外の経済状況やインフレ見通し次第とし、追加利下げの可能性を否定しなかった。

 COPは対ドルで1.4%の上昇。
第1四半期のコロンビアGDPは前年比1.1%増と市場予想通りで8年ぶりの低い伸び。3月の同国経済活動指数は同-0.9%と市場予想に反し前年割れとなった。

 PENは対ドルで0.4%の上昇。
第1四半期のペルーGDPは前年比2.1%増と市場予想を上回ったが、2年ぶりの低い伸びに鈍化した。

 HUFは対ドルで1.3%の上昇。
3月のハンガリー平均総賃金は前年比12.8%増と市場予想を上回り、2008年2月以来の高い伸びに加速した。

 PLNは対ドルで1.3%の上昇。
4月のポーランド鉱工業生産販売は前年比0.6%減と市場予想に反し前年割れ。同月同国の小売売上高は同8.1%増と市場予想を下振れ。PPIも同+4.3%と市場予想を下回った。

 RUBは対ドルで1.1%の上昇。
4月のロシアPPIは前年比+7.6%と市場予想を下回り、4カ月ぶりの低い伸びに鈍化した。

よい週末をお過ごしください。

0 件のコメント:

コメントを投稿