2017年5月25日木曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2017年5月24日)

 新興国通貨は対ドルで買い優勢。ただBRLやPHPなど一部通貨は対ドルで下落した。

 CNYは対ドルで小幅下落。
ムーディーズは中国債格付けを従来の「Aa3」から「A1」に格下げ。見通しは「安定的」に変更された。同社は声明で、改革の進展がいずれは経済と金融システムを変革する可能性があるものの、経済全体に広がる債務がさらに大きく増えることを阻止する公算は小さく、その結果として政府の偶発債務が増えるだろうと指摘した。

 THBは対ドルで小幅上昇。
タイ中銀は市場予想通り政策金利を1.50%で据え置き。決定は全会一致だった。同中銀は声明でタイ経済の見通しは改善しているが、金融政策は緩和的な状態で維持されるべきと指摘。THBは他アジア通貨と同様の動きをしており、THB高による景気への悪影響のリスクは提言したとの認識を示した。

 PHPは対ドルで0.5%の下落。
フィリピンのドゥテルテ大統領は、過激派組織ISに忠誠を誓う地元のイスラム系武装勢力が活動を活発化させている南部ミンダナオ島などに、軍の統制下に置く戒厳令を布告した。

 BRLは対ドルで0.3%の下落。
5月のブラジルFGV消費者信頼感は84.2と前月から上昇した。

 MXNは対ドルで1.0%の上昇。
5月上旬のメキシコCPIは前年比+6.17%と市場予想を小幅上回った。

 COPは対ドルで変わらず。
4月のコロンビア小売業信頼感は17.8と前月から小幅悪化。同月同国の鉱工業信頼感は-8.5と2009年11月以来の低水準に悪化した。

 CZKは対ドルで0.2%の上昇。
5月のチェコ企業景況感は13.9と前月から小幅悪化。同月同国の消費者信頼感は6.0と前月と変わらずだった。

 TRYは対ドルで0.4%の上昇。
4月のトルコ住宅販売は前年比+7.6%と2カ月連続のプラスだった。

 ZARは対ドルで1.2%の上昇。
4月の南アフリカCPIは前年比+5.3%と市場予想を下回り、2015年12月以来の低水準に鈍化した。

 ILSは対ドルで0.3%の上昇。
4月のイスラエルチェーンストア売上高は前月比1.3%増と5カ月ぶりの高い伸びとなった。

 RUBは対ドルで0.2%の下落。
5月22日までの週のロシアCPIは前週比横ばいと前週から小幅鈍化した。

6月は衣替えの季節とされていますが、私は冬のパジャマをどうするべきかいまだに悩んでいます。

本日もよろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿