2017年5月6日土曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2017年5月5日)


 新興国通貨は対ドルでアジアつうかあが胎動rで小幅下落する一方、EMEA通貨や中南米通貨は対ドルで上昇した。

 TWDは対ドルで0.2%の下落。
4月の台湾CPIは前年比+0.12%と市場予想に反し前月から鈍化。同月同国のWPIも同+1.12%と市場予想や前月を下回った。

 PHPは対ドルで小幅下落。
4月のフィリピンCPIは前年比+3.4%と市場予想を下回り前月と変わらず。4月のフィリピン外貨準備高は818億ドルと前月から増加した。

 MYRは対ドルで0.3%の下落。
3月のマレーシア貿易収支は54.1億リンギットと、黒字額が市場予想を大きく下振れ。輸入が前年比39.4%増と急増したことが響いた。

 IDRはBloombergによると対ドルで変わらず。
第1四半期のインドネシアGDPは前年比5.01%増と市場予想を小幅下回り、前期とほぼ同じ伸びに留まった。

 CLPは対ドルで0.6%の上昇。
3月のチリ経済活動は前年比+0.2%と市場予想に反し前年超え。同月同国の名目賃金は前年比4.3%増と市場予想に反し前月から小幅加速した。

 COPは対ドルで1.1%の上昇。
4月のコロンビアPPIは前年比+1.05%と前月と同じ伸びに留まった。

 HUFは対ドルで0.3%の上昇。
3月のハンガリー鉱工業生産は前年比+9.4%と市場予想を大きく上回り、2015年10月以来の高い伸びを記録した。

 RUBは対ドルで0.8%の上昇。
4月のロシアCPIは前年比+4.1%と市場予想を下回り、2012年5月以来の低い伸びに鈍化した。

よい週末をお過ごしください

0 件のコメント:

コメントを投稿