2017年6月2日金曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2017年6月1日)

 新興国通貨は対ドルでマチマチで、新興国通貨太全体では方向感に欠ける展開となった。

 KRWは対ドルで0.2%の下落。
5月の韓国CPIは前年比+2.0%、コアCPIは同+1.4%と、いずれも市場予想通り。同月同国の貿易収支は59.9億ドルの黒字と黒字額が市場予想を下回り、前年同月比14.2%減となった。

 MYRは対ドルで小幅下落。
5月のマレーシア製造業PMIは48.7と4カ月ぶりの低水準に低下した。

 PHPは対ドルでほぼ変わらず。
5月のフィリピン製造業PMIは54.3と5カ月ぶりの高水準に上昇した。

 THBは対ドルで0.2%の下落。
5月のタイ製造業PMIは49.7と前月とほぼ同じ。同月同国CPIは前年比-0.04%と市場予想を下回り、昨年3月以来の前年割れ。同月同国の企業景況感は52.3と前月から上昇した。

 TWDは対ドルで変わらず。
5月の台湾製造業PMIは53.1と昨年10月以来の低水準に低下した。

 CNYは対ドルで小幅上昇。
5月の中国・財新・製造業PMIは49.6と市場予想を下回り、昨年6月以来の50割れとなった。

 INRは対ドルでほぼ変わらず。
5月のインド製造業PMIは51.6と3カ月ぶりの低水準に低下した。

 BRLは対ドルで0.6%の下落。
ブラジル中銀は市場予想通り政策金利を100bp引き下げ10.25%にすると発表。決定は全会一致だった。第1四半期のブラジルGDPは前年比0.4%減と市場予想通り。前期比では市場予想通り1.0%増と2014年第4四半期以来のプラスに転じた。5月のブラジル製造業PMIは52.0と前月から上昇し、2014年6月の統計開始以来最高を更新。4月のブラジルCNI設備稼働率は76.7%と前月から低下。5月のブラジル貿易収支は76.6億ドルの黒字と黒字額が市場予想を上回り、1991年の統計開始以来、最高を更新した。

 MXNは対ドルで変わらず。
4月のメキシコ海外労働者送金は前年比6.2%増と2カ月連続で前年超え。メキシコ中銀は会合議事録(5月19日結果発表分)を公表。25bpの利上げは全会一致での決定。メキシコの利上げペースがFOMCでの利上げと必ずしも一致する必要はないと指摘する声がメンバー一人から上がった。また複数のメンバーからはインフレショックがなければ、利上げは終了に近づいているとの見方が指摘された。5月のメキシコIMEF指数は製造業が47.6と市場予想を上回り、4カ月ぶりの高水準。非製造業は52.3と市場予想上回り、2014年8月以来の高水準に上昇した。

 PENは対ドルで小幅下落。
5月のペルーCPIは前年比+3.04%と市場予想を下回り、昨年8月以来の低い伸びに鈍化した。

 HUFは対ドルで0.2%の下落。
5月のハンガリー製造業PMIは62.1と市場予想を大きく上回り、2003年の統計開始以来最高を更新した。

 PLNは対ドルで0.5%の下落。
5月のポーランド製造業PMIは52.7と市場予想を下回り、昨年11月以来の低水準に低下。ポーランド中銀は会合議事録(5月17日結果発表分)を公表。メンバーの過半は金利据え置きが続くとの見方を示したが、メンバー数名はインフレ見通しが将来の仕上げを正当化するとの見方を示した。

 CZKは対ドルで0.2%の下落。
5月のチェコ製造業PMIは56.4と市場予想を下回った。

 TRYは対ドルで変わらず。
5月のトルコ製造業PMIは53.5と市場予想を上回り、2014年6月の現行統計開始以来、過去最高を更新した。5月26日までの週のトルコ非居住者によるトルコ債投資は4.7億ドルの買い越しと3週連続で買い越しとなった。

 ZARは対ドルで1.9%の上昇。
5月の南アフリカ製造業PMIは51.5と市場予想や前月を上振れ。第1四半期の南アフリカ失業率は27.7%と市場予想を上回り、2008年の統計開始以来、過去最高を更新。4月の同国発電量は前年比0.8%増と2カ月連続の前年超えとなった。

 RUBは対ドルで0.3%の上昇。
5月のロシア製造業PMIは52.4と市場予想や前月を大きく上回った。5月26日のロシア金・外貨準備高は4061億ドルと前週から増加した。

本日もよろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿