2017年6月13日火曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2017年6月12日)

 新興国通貨は対ドルでマチマチとなった。

 SGDは対ドルで変わらず。
4月のシンガポール小売売上高は前年比2.6%増と市場予想や前月を小幅上回る伸びとなった。

 INRは対ドルで0.3%の下落。
5月のインドCPIは前年比+2.18%と市場予想を下回り、過去最低を更新。4月のインド鉱工業生産は同+3.1%と市場予想を小幅上触れ。前月分は同+3.8%に上方修正された。

 BRLは対ドルで0.5%の下落。
ブラジル中銀の週次エコノミストサーベイでは年末時点のインフレ見通しが下方修正。6月11日までのブラジル貿易収支は22.2億ドルの黒字と黒字拡大ペースが前月を下回った。

 PENは対ドルで0.4%の下落。
4月のペルー貿易収支は0.26億ドルの黒字と10カ月連続で黒字を維持した。

 ZARは対ドルで1.1%の上昇。
ムーディーズは南アフリカ債の格付けを従来の「Baa2」から「Baa3」に格下げ。格付け見通しは「ネガティブ」とした。同社は格下げの理由として南アの制度的枠組みが弱まりつつあることや成長率見通しの引き下げ、財政状態が引き続き損なわれている点を指摘。3月の内閣改造など最近のイベントは制度的な強さが徐々に損なわれていることを示しているとした。

 TRYは対ドルで0.6%の上昇。
4月のトルコ経常収支は36.2億ドルの赤字と赤字額がほぼ市場予想で前年比16.7%増。第1四半期のトルコGDPは前年比5.0%増と市場予想を大きく上回ったが、前期比では1.4%増と市場予想や前期を下回った。

 ILSは対ドルで0.4%の下落。
イスラエル中銀は会合議事録(5月29日結果発表分)を公表。政策金利据え置きの決定はメンバー4名による全会一致だったことが判明した。

「グラビア界のキングカズ」は、カズダンスを踊るのでしょうか?

本日もよろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿