2017年6月16日金曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2017年6月15日)

 新興国通貨は対ドルで全面安となった。

 IDRはBloombergによると対ドルで変わらず。
5月のインドネシア貿易収支は4.7億ドルの黒字と黒字額が市場予想を大きく下振れ。ただ前年同月比では25.8%増だった。輸入が前年比24.03%増と急増したことで貿易黒字が縮小した。インドネシア中銀は市場予想通り政策金利を4.75%で据え置き。同中銀は声明で現在の金融政策姿勢は中立であり、インフレやIDRが見通しと整合的な動きをしているのであれば金融政策が変更されることはないと指摘した。

 PHPは対ドルで0.4%の下落。
4月のフィリピン海外労働者送金は前年比5.9%減と市場予想を大きく下回り、2015年11月以来の大幅減少を記録した。

 INRは対ドルで0.4%の下落。
5月のインド貿易収支は138.4億ドルの赤字と赤字が3カ月連続で拡大。前年同月比では1.2倍となった。第1四半期のインド経常収支は34.3億ドルの赤字と、赤字額が市場予想を大きく下回った。

 COPは対ドルで0.6%の下落。
5月のコロンビア消費者信頼感は-16.9と市場予想を大きく下振れ。4月のコロンビア鉱工業生産は前年比-6.8%とこちらも市場予想を下振れ。一方、同月同国の小売売上高は同2.0%減と市場予想通りだったが、再び前年割れとなった。第1四半期のコロンビア経常収支は31.8億ドルの赤字と、赤字額が市場予想を上回った。

 PENは対ドルで0.2%の下落。
5月のペルー失業率は6.6%と市場予想に反し前月から低下。4月のペルー経済活動指数は前年比+0.2%と市場予想や前月を下回った。

 TRYは対ドルで0.8%の下落。
3月のトルコ失業率は11.7%と市場予想を下回り、4カ月ぶりの低水準。5月のトルコ財政収支は64億リラの黒字と4カ月ぶりの黒字となった。トルコ中銀は市場予想通りレポレートなど一連の主要金利を全て据え置き。同中銀は声明でインフレ見通しが改善するまで金融政策は引き締め気味のままにするとした。

 RUBは対ドルで0.8%の下落。
6月9日のロシア金・外貨準備高は4083億ドルと前週から増加。6月13日までの週のロシアCPIは前週比+0.1%と前週と変わらずだった。

 ILSは対ドルで0.4%の下落。
5月のイスラエルCPIは前年比+0.8%と市場予想や前月を小幅上回った。

 ZARは対ドルで2.0%の下落。
南アフリカ与党ANCの経済移行委員会は鉱業憲章(Mining Charter)の変更を通じ鉱山の黒人による所有権比率を24%から30%に引き上げることについて討議した。

1990年代後半にグラドルとして活躍された女性が現在は不動産会社で働いているとの記事を拝見しました。私もグラドルへの転身の可能性を捨てないように頑張ります。

本日もよろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿