2017年6月27日火曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2017年6月26日)

 新興国通貨は対ドルでマチマチ。原油先物価格が下げ渋りの動きを見せたことでBRLやRUBは対ドルで上昇。一方、東欧通貨は軟調な動きとなった。

 BRLは対ドルで1.2%の上昇。
6月のブラジルFGV消費者信頼感は82.3と前月から低下。ブラジル中銀による週次エコノミストサーベイでは年末時点のインフレ見通しが下方修正される一方、USD/BRL見通しは3.32へと上方修正。6月25日までのブラジル貿易収支は53.3億ドルの黒字と黒字基調を維持した。

 MXNは対ドルで0.9%の上昇。
5月のメキシコ失業率は3.50%と市場予想を下回り、3カ月ぶりの低水準。4月のメキシコ経済活動指数は前年比-0.68%と市場予想ほど低下しなかった。

 HUFは対ドルで変わらず。
6月のハンガリー景況感は+3.2と1996年の統計開始以来最高を更新した。

 CZKは対ドルで0.2%の下落。
6月のチェコ企業景況感は14.4と4カ月ぶりの高水準に上昇。一方、同月同国の消費者信頼感は3.8と昨年8月以来の低水準に低下した。

 PLNは対ドルで0.3%の上昇。
5月のポーランド失業率は7.4%と市場予想通りで、1991年4月以来の低水準に低下した。

 ILSは対ドルで0.4%の上昇。
5月のイスラエルチェーンストア売上高は前月比3.9%減と昨年4月以来の大幅減となった。

付近に座る女性の同僚から「違うだろうぉ~」と叱られるのではないかと最近ドキドキしています。

本日もよろしくお願いいたします。



0 件のコメント:

コメントを投稿