2017年7月13日木曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2017年7月12日)

 新興国通貨は東欧通貨を除き対ドルで上昇した。

 KRWは対ドルで0.5%の上昇。
6月の韓国失業率は3.8%と市場予想を上振れ。5月の韓国M2は前月比0.3%増と2カ月連続で鈍化した。

 MYRは対ドルで小幅上昇。
5月のマレーシア鉱工業生産は前年比+4.6%と市場予想や前月を小幅上回った。

 SGDは対ドルで0.3%の上昇。
5月のシンガポール小売売上高は前年比0.9%増と市場予想や前月を下回った。

 CNYは対ドルで0.2%の上昇。
6月の中国資金調達総額は1兆7800億元と市場予想を上回り、3カ月ぶりの高水準に拡大した。

 INRは対ドルで変わらず。
6月のインドCPIは前年比+1.54%と市場予想を小幅下回り、2012年の統計開始以来最低を更新。5月のインド鉱工業生産は前年比+1.7%と市場予想を下回り、2015年11月以来の低い伸びに鈍化した。

 BRLは対ドルで1.4%の上昇。
5月のブラジル小売売上高は前年比2.4%増と市場予想を下振れたが、前月からは小幅加速。7月7日の週のブラジルFIPE・CPIは前月比横ばいと前週とほぼ同じだった。

 MXNは対ドルで0.7%の上昇。
5月のメキシコ鉱工業生産は前年比+1.0%と市場予想を上回った。

 CZKは対ドルで0.3%の下落。
6月のチェコCPIは前年比+2.3%と市場予想通り前月から小幅鈍化。同月同国の失業率は4.0%と市場予想通りで、2008年11月以来の最低を更新した。

 PLNは対ドルで0.2%の下落。
6月のポーランド・コアCPIは前年比+0.8%と市場予想通りで前月から変わらずだった。

 ZARは対ドルで2.3%の上昇。
第2四半期の南アフリカBER消費者信頼感は-9と前期から小幅改善した。

 RUBは対ドルで1.2%の上昇。
5月のロシア貿易収支は85億ドルの黒字と黒字額が市場予想を下振れ。7月10日までの週のロシアCPIは前週比+0.1%と前週から鈍化した。

IMFのラガルド専務理事は各中銀は140文字という文字制限を持つツイッターを見習い、金融政策発信でシンプルな説明に努めるよう呼びかけたそうです。賛成です。仕事が楽になりそうです。


本日もよろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿