2017年7月21日金曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2017年7月20日)

 新興国通貨は対ドルでマチマチ。東欧通貨が大きく上昇する一方、アジア通貨はやや軟調だった。

 THBは対ドルで小幅上昇。
6月のタイ貿易収支(通関ベース)は19.2億ドルの黒字と黒字額が市場予想を上回り、昨年9月以来の高水準を記録した。

 TWDは対ドルで0.2%の下落。
6月の台湾輸出受注は前年比13.0%増と市場予想を上回り、4カ月ぶりの高い伸びに加速した。

 IDRはBloombergによると対ドルで小幅下落。
フィッチはインドネシア債格付けを「BBB-」、格付け見通しを「ポジティブ」で確認。インドネシア中銀は市場予想通り政策金利を4.75%で据え置き。同中銀は声明で消費の伸びは当初の見通しを下回っていると指摘。金融政策の姿勢は引き続き中立であるとの見方を示した。

 BRLは対ドルで0.7%の上昇。
7月のブラジルIPCA-15は前年比+2.78%と5カ月連続で鈍化。7月のブラジルCNI産業信頼感は50.6と6カ月ぶりの低水準に低下した。

 CZKは対ドルで1.1%の上昇。
6月のチェコPPI工業は前年比+1.3%と2カ月連続で鈍化した。

 HUFは対ドルで1.3%の上昇。
5月のハンガリー平均総賃金は前年比12.9%増と市場予想や前月を下回った。

 TRYは対ドルで小幅上昇。
7月のトルコ消費者信頼感は71.3と前月から上昇。7月14日までの週のトルコ非居住者によるトルコ債投資は3.46億ドルの買い越しとなった。

 ZARは対ドルで0.9%の下落。
南アフリカ中銀は市場予想に反し政策金利を25bp引き下げ6.75%にすると発表。同中銀は声明でインフレ見通しは改善したと指摘。同国景気は第2四半期に不況から脱したとの見方を示した。同中銀のクガニャゴ総裁は利下げ決定は自身を含む4名が賛成したことを明らかにした。

 ILSは対ドルで0.4%の上昇。
5月のイスラエル製造業生産は前月比4.1%減と昨年7月以来の大幅減少を記録した。

 RUBは対ドルで小幅上昇。
7月14日のロシア金・外貨準備高は4126億ドルと2014年12月以来の高水準に増加した。

本日もよろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿