2017年7月25日火曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2017年7月24日)

 新興国通貨は対ドルで小動き。アジア通貨が底堅く推移する一方、中南米通貨やEMEA通貨は軟調だった。

 THBは対ドルで小幅上昇。
6月のタイ自動車販売は前年比5.7%増と前月から鈍化した。

 SGDも対ドルで小幅上昇。
6月のシンガポールCPIは前年比+0.5%と市場予想を下回り、コアCPIも同+1.5%と市場予想や前月を下回った。

 TWDは対ドルで0.3%の上昇。
6月の台湾失業率は3.78%と市場予想や前月とほぼ同じ。同月同国の鉱工業生産は同+3.14%と市場予想を上回った。

 BRLは対ドルで小幅下落。
ブラジル中銀による週次エコノミストサーベイでは年末までの見通しが全ての項目で前週からほぼ変わらず。7月23日までのブラジル貿易収支は45.7億ドルの黒字と、黒字拡大ペースが前週から加速した。

 MXNは対ドルで0.2%の下落。
7月上旬のメキシコCPIは前年比+6.28%と市場予想を小幅上回ったが6月下旬から小幅鈍化。5月のメキシコ経済活動は前年比+3.06%と市場予想を上回った。

 CLPは対ドルでほぼ変わらず。
6月のチリPPIは前年比+8.4%と2カ月連続で加速した。

 HUFは対ドルで小幅下落。
7月のハンガリー企業景況感は11.3と1996年の統計開始以来、最高を更新。一方、同月同国の消費者信頼感は-15.9と前月から小幅ながら悪化した。

 CZKも対ドルで小幅下落。
7月のチェコ企業景況感は15.4と2カ月連続の上昇。同月同国の消費者信頼感は3.3と前月から低下した。

 TRYは対ドルで0.6%の下落。
6月のトルコ住宅販売は前年比8.1%減と昨年7月以来の大幅減となった。

 ILSは対ドルで0.3%の下落。
イスラエル中銀は会合議事録(7月10日結果発表分)を公表。政策金利の据え置きをメンバー4名全員賛成によるものだった。

今日は土用の丑の日ですね。鰻屋さんは忙しい日になりそうです。

本日もよろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿