2017年7月26日水曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2017年7月25日)

 新興国通貨は一部を除き対ドルで下落した。

 KRWは対ドルで小幅下落。
7月の韓国消費者信頼感は111.2と前月とほぼ同じだった。

 BRLは対ドルで0.6%の下落。
一部現地メディアはブラジル政府が2017年の財政目標を変更する可能性があると報道。同国のメイレレス財務相は財政目標は政治の首脳陣の影響を受けてはならないと発言。一部メディアは同財務相が辞任するとの観測生地を報じた。7月のブラジルFGV消費者信頼感は82.0と前月から小幅低下した。

 MXNは対ドルで0.4%の下落。
5月のメキシコ小売売上高は前年比4.1%増と市場予想を上回った。

 PLNは対ドルで変わらず。
6月のポーランド失業率は7.1%と市場予想通りで1991年3月以来の低水準に低下した。

 ZARは対ドルで0.9%の下落。
5月の南アフリカ先行指標は95.8と下方修正された前月と同じ水準となった。

 ILSは対ドルでほぼ変わらず。
6月のイスラエルチェーンストア売上高は前月比2.9%増と前月の落ち込みをほぼ取り戻した。

 TRYは対ドルで0.5%の下落。
7月のトルコ実体経済信頼感は107.7と前月から小幅低下した。

牛乳が混入したため販売した麦茶が回収されることがあったそうです。我が家では日常茶飯事ですが、今後は気を付けたいと思います。

本日もよろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿