2017年7月27日木曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2017年7月26日)

 新興国通貨は対ドルでアジア通貨が軟調に推移する一方、中南米通貨とEMEA通貨は上昇した。

 SGDは対ドルで0.4%の上昇。
6月のシンガポール鉱工業生産は前年比+13.1%と市場予想を大きく上回り、昨年12月以来の高い伸びに加速した。

 BRLは対ドルで0.9%の上昇。
7月のブラジルFGV建設コストは前月比+0.22%と市場予想を若干下振れ。6月のブラジル財政収支は198億レアルの赤字と赤字額がほぼ市場予想通りだった。

 COPは対ドルで0.4%の上昇。
6月のコロンビア小売業信頼感は+14.9と前月から小幅低下。同月同国の鉱工業信頼感は-5.4と前月から改善した。

 RUBは対ドルで0.8%の上昇。
7月24日までの週のロシアCPIは前週比横ばいに鈍化した。

 昨日の東京地方では雨が降り、気温も低下して、やや過ごしやすい気候。そのせいか、セミの鳴く声がちょっと弱々しく感じました。

本日もよろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿