2017年7月28日金曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2017年7月27日)

 新興国通貨は対ドルで小動き。全体では方向感に欠ける展開となった。

 KRWは対ドルで0.8%の上昇。
第2四半期の韓国GDPは前年比2.7%増と市場予想通りで前期から鈍化。金融が加速する一方、製造業や建設業など多くの産業が前期から鈍化した。

 CNYは対ドルで0.2%の上昇。
6月の中国工業利益は前年比19.1%増と2カ月連続で加速した。

 BRLは対ドルで0.5%の下落。
ブラジル中銀は市場予想通り政策金利を100bp引き下げ9.25%にすると発表。同中銀は声明で今後も利下げペースを維持するのはブラジル経済が同中銀の見通し通りに推移するか否かにかかっていると指摘した。6月のブラジル製造業PPIは前年比+1.53%と2カ月連続で鈍化。同月同国の融資残高は前月比0.4%増とプラスに転じた。

 MXNは対ドルで0.8%の下落。
6月のメキシコ貿易収支は0.6億ドルの黒字と市場予想に反し小幅ながら黒字を記録した。

 COPは対ドルで0.4%の上昇。
6月のコロンビア失業率は8.7%と昨年11月以来の低水準に低下。コロンビア中銀は市場予想通り政策金利を25bp引き下げ5.50%にすると発表した。

 HUFは対ドルで0.7%の下落。
6月のハンガリー失業率は4.3%と市場予想を小幅上回ったが、前月からは低下した。

 ZARは対ドルで0.7%の下落。
6月の南アフリカPPIは前年比+4.0%と市場予想を下回り、2015年9月以来の低水準に鈍化した。

 ILSは対ドルで小幅上昇。
6月のイスラエル失業率は4.5%と前月と変わらずだった。

 TRYは対ドルで変わらず。
トルコ中銀は市場予想通りレポレートなど一連の金融政策をすべて現状維持とした。

 RUBは対ドルで0.2%の下落。
7月21日時点のロシア金・外貨準備高は4147億ドルと2014年12月以来の高水準に増加した。

昨夜、すごく面白いことを思いついたのですが、寝たら忘れてしまいました。申し訳ありません。

本日もよろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿